分相応と企業経営

Pocket

最近、色々と考える事があります。まあ歳を取ったと言う事でしょうけど

過去において、様々な企業経営者にお会いしましたが、一流と言われる経営者に共通している事は、「己(企業自身でも)の力を冷静に分析出来ている」という事です。

それは、企業経営者の能力しかり、企業自身の持っている力(商品、サービス、研究開発力、人材等全て)を冷静に判断し、足らない所を認識し、外部の力を上手く利用できると言う事です。

「分を知り、しかる後に足るを知る」という言葉を聞いた事は無いでしょうか?
佐藤一斎と言う儒学者が「言志四禄」という随想録の中で記しています。西郷隆盛の愛読書だったとも言われています。

2001年に総理になった小泉純一郎氏が、衆議院での「教育関連法案」の審議の中で、佐藤一斉氏の「言志四禄」について述べた時に、話題になっていました。

「分を知り、しかる後に足るを知る」の本来の意味は、その時の時代背景もあり、「自分の身分を知れば、高望みしないで現状で満足出来る(足りる)ことを知る」みたい感じです。

これを私なりに現代に置き換えると、「自分の能力を知り、物事や能力の過不足を冷静に分析し、自分や会社の身の丈に合った行動を取る」という感じになりますでしょうか。

「言うは易く行うは難し」で、自分の実力を冷静に判断すると言うのは非常に難しい事です。自分の身の丈に合った経営をすることが非常に難しく、どうしても目先の利益に追われ、無理なM&A等を行う企業を沢山見てきました。

社内外にきちんと社長に物申すブレーンが要ればいいのですが、どうしても創業社長に物申すのは憚れ、「裸の王様」状態になります。

企業統治(コーポレートガバナンス)への関心が高まる中、様々な企業が社外取締役を置くことを決めていますが、実態が伴っていないと機関投資家から厳しい声を受ける企業も増えてくると思います。

まあ、上場会社だけでなく、コーポレートガバナンスは大切ですけど

【カテゴリ】将軍日記

関連記事

7月6日寄付き前情報(今日の言葉付)

おはようございます。7月5日に「ギリシャ国民投票」が実施された結果が出たようですね。欧州連合(EU)側が求める財政緊縮策の受け入れについての賛否を問う投票で、結論としては「NO」という事になったようで …

7月8日寄付き前情報(今日の言葉付)

おはようございます。昨日の夜間取引では、シカゴの日経平均先物が下がっていたのですが、朝見てみると、何のことは無く上昇していました。勿論、ギリシャ問題でNY市場が乱高下した影響なのでしょうが。 ギリシャ …

12月26日寄付き前情報

おはようございます今日が御用納めの方も多いと思います。ずっと、金融業界にいる私は、御用納めと関係なく、株式市場が開いている日(今年は30日)迄は仕事です。外資にいた時は、大晦日にプレゼンに行ったことも …

2015年新年に向けての言葉(企業経営者向けに)

新年あけましておめでとうございます今年も昨年以上に頑張りたいと思います。宜しくお願いします。 私のブログは、一般の個人の方の読者も多いのですが、企業経営者の方も数多く読んで頂いています。今日は年初なの …

7月3日寄付き前情報(今日の言葉付)

おはようございます月曜日にギリシャ問題で急落しましたが、火曜日からの3日間で、ほぼ7割以上戻しましたね。このブログでも何度も言っていますが、押し目を待っている投資家が多いのに驚かされます。 私の持って …

トップへ戻る