「お金持ちは投資を行い、貧乏人は投機を行う」、第4回

Pocket

おはようございます読み物シリーズ「お金持ちは投資を行い、貧乏人は投機を行う」の第4回です。

前回は、ギャンブルでお金持ちになるのは難しいという話をし、宝くじの控除率が高いという話をしました。今回は、少し他のギャンブルも見てみたいと思います。

公営競技(競艇、競輪、オートレース、競馬)についてもそれぞれの法律があって、払戻率が定まっています。大体約75%程度なので、つまり25%が控除率ということになります。しかし、これでも75%のお金を参加者で分け合う訳ですから、長くやればやるほど負ける仕組みになっています。

皆さん麻雀をやったことはないですか?最近の若い人は行かないみたいですが、麻雀には厳密な胴元がいなくて、搾取(控除率)がないギャンブルですが、それでもお金持ちになれる人は少ないでしょ。

基本的に麻雀をやっている仲間内でしか、賭けたお金は(日本では、賭博は刑法で禁止されているので、あくまでも仮定の話です。(実際賭け麻雀は誰もしていないと思いますが・・・)

胴元とのお金のやり取りはしないので、控除率はゼロのはずですが、儲かった感がないのは、長くやればやるほど場代(雀荘に支払う利用料)がかさみ、負けてしまうようになっているからです。

まあ学生時代は、そんな事は考えずに雀荘に朝から夕方まで入り浸っていましたけど。

今思えば、確かに麻雀に勝っても食事や場代を引くと、そんなに手元に残らないし、麻雀に負けたら更に悲惨な事になるし、どっちにしても時間(コスト)を考えたら、疲れだけが残っていたような(笑顔だったのは、雀荘のおばちゃんだけだったなあ)、まあ友達とのコミュニケーションの場として割り切れば、楽しい思い出ですが・・・

その他のパチンコ(控除率約13%)やカジノでも結局胴元が儲かるようになっています。そうでないと、産業として商売が成り立たないですよね。パチンコホールが潰れるのは、客に大勝ちされて負けたのではなく、客入が悪く売上不振になり、固定費(家賃、人件費、機械の償却費等)が賄えないだけですから。パチプロに潰された店はありません。

そういえば余談ですが、韓国でカジノをやった時も、一緒に行った人から「ルーレットはやらない方がいいよ」と言われ、なぜなのかと考えましたが、控除率が高い(アメリカ式ルーレットの控除率は5.26%)からだと気づきました。アメリカ式というのは、「0」、「00」が入っている38箇所のスロットがあるのですが、赤か黒(または偶数か奇数)のどちらかに賭けても2分の1の確率にはならない。つまり「0」、「00」に入る確率(2÷38、5.26%)だけ長く賭ければ負けるようになっているからです

皆さんの記憶も新しいと思いますが、大王製紙の御曹司がカジノで約100億円を超す金額を負けたとも言われています。この方も東大を出られて、長くやればカジノで勝てない事(最初は勝っていたと言っていましたが)くらいは冷静に考えれば解る分別はあったと思いますが、ギャンブルも依存性があるので、嵌ってしまうと止められないのでしょうね。

さて、次回は金融商品(FX、株式、債券等)についてはどうなのかを考えたいと思います。

【カテゴリ】将軍日記

関連記事

7月1日寄付き前情報(今日の言葉付)

おはようございます。今日は、もう7月1日です。年の半分も終わりました。本当月日が経つのが早いです。このまま歳を取ってしまうのでしょうね何かしなければ。。。 本日、3年半ぶりに「うるう秒」の調整が行われ …

10月2日寄付き前情報

おはようございますやっと相場も動いて来ましたね。皆が安心している時に限って動くのが相場なので。 この中間決算発表前に相場が下押ししてくれたのはラッキーかも知れません。15,500円迄下押しするのか、こ …

3月19日寄付き前情報

おはようございます。いつもの出張を終え戻って来ました。最近、少し考えるところもあり、色々と今後のビジネスを思案しているところです。結論は出ていませんが、儲かるビジネスは色々とありますね。ただ、人材がポ …

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄

ご参考

10月3日寄付き前情報

おはようございます。相場は思ったより、下落しましたね。こういう時は、昨日も言いましたけど、今まで株価が上昇して買えなかった株を買うチャンスです。 株価が上昇すると強気派が増え、下落をすると弱気派が増え …

トップへ戻る