「お金持ちは投資を行い、貧乏人は投機を行う」、第2回

Pocket

こんにちは、さて「お金持ちになりたいですか?」の第2回目です。まあ、表面的なお金持ちより、中身(人間性)も伴ったお金持ちになりたいですけど。

前回は、日本が世界第2位のお金持ち大国であることを書きました。何かピン!と来ませんがという話で終わっていました。

今日は、その「お金持ち」の定義を考えたいと思います。

————————第2回————————

前回の話では、日本の富裕層は、約174万人いて世界の富裕層人口の約16%を占め、アメリカに次いで世界第2位!と書きましたが、その後の2012年の「ワールド・ウェルス・レポート(英語版)」では、更に増加して約182万人(世界の約16.6%)になっています。

こう書くと、皆様から「そんなに日本には、お金持ちがいるの!」、「私の周りにはいないけど、本当なの?」、「景気を見ると実感ないのは何故なのか?」、「単に自分が貧乏で、周りに金を持っている奴がいないだけなのか?」と言われそうですね。

それとも「素直じゃない私は、ねたみやっかみ根性で、この数字を受け入れるのに拒否反応しているだけなのか?」という意見も

でも、単純に100万米ドル(日本円で約1億円)以上と言うのが、異常にハードルが低くないですか?このレポート時点の為替だったら、約8,000万円ですし。

勿論、1億円は大金ですし、私はこんなに資産は持っていませんが(持ってても、持っていると言うと、ひがみやっかみに会うので言わないですが・・・・)、今の日本で、1億円持っている人も「これで将来、悠々自適だ!」なんて思っていないと思いますよ。

まあ、その持っている世代によっても大きく価値観は異なってきます。このレポートの富裕層も殆どが60代以上だし、為替の円高によって、ドル換算資産が過大評価状態になっただけかも知れませんし。

まあ、30代で1億円以上の金融資産を持っていれば、「こいつ、なかなかやるな!」と友達から一目置かれるかもしれませんが、60代で退職して仕事が無い状況だと1億円(退職金込みで)でも不安だろうし、かつ住宅ローンなんか残っていたら、富裕層どころか一歩間違えば、将来の貧困予備軍ですが・・。

じゃあ、幾ら貯めればいいのかということですが、同じ「ワールド・ウェルス・レポート2011」で超富裕層という定義もあって、こちらだと3,000万米ドル以上の投資可能資産を持っている人が超富裕層と言うみたいです。確かに約30億円以上(円換算で)持っていれば、何が起こっても大丈夫でしょうし、富裕層と言われるのも納得しますよね。

でも、この30億円という数字も非現実的な数字で、サラリーマンがそんな大金を稼ぐのは現実には難しいという感じですよね。

私の勝手な独断と偏見では、自助努力と運(知恵を使い、無駄遣いをやめ、努力可能な目標で、ひょっとしたら可能かなという金額)があれば、出来そうだと思う金額は、2億円くらいでしょうか。

これは、ネットの金額というより、レバレッジ(借金)も効かせての金額というイメージです。やはり、サラリーマンが1億円の金融資産(投資用不動産も含めて)を貯めようとすると、多少のリスクを取ってレバレッジ(借金)を使わないと難しいと思います。

では、どうやって2億円という大金を貯めるかだが、「この方法をやれば、あなたも楽に2億円貯まります!」とか、「このやり方で君も億万長者!」だとか、「絶対に勝てるFX、デイトレ、商品先物、株式投資、その他の金融商品・!」、「今すぐここをクリックして、そのノウハウを学ぼう、今なら無料で商材をプレゼント!これで君も億万長者!」みたいな話は、一番乗ってはいけません!お金が貯まるどころか、お金を失う道に迷い込んでいきます。

じゃあ、どうすればいいのという事ですが、次回徐々に話していきたいと思います。

【カテゴリ】将軍日記

関連記事

10月23日寄付き前情報(銘柄情報付)

おはようございます。いよいよ決算発表が本格化してきました。昨日は、日本電産(_6594_)の決算が発表されています。内容的には、ポジティブもネガティブもなく、事前予想通りの数字だと思います。 本日、日 …

11月28日寄付き前情報(銘柄情報付)

おはようございます今日は11月の最終営業日です。来週はとうとう12月ですね。 選挙前ですが、何か盛り上がりに欠ける選挙になっていますし、先日発表した各党の選挙公約も目ぼしいものは無いですね。早く選挙が …

今日の株価材料(新聞各紙から)

今日の株価材料(新聞各紙から・5日) ▽欧州中央銀行(ECB)、理事会で0.1%の利下げ決定 資産担保証券(ABS)などの資産購入も開始へ ▽4日の米ダウ平均、反落 8ドル安、雇用統計前に利益確定売り …

1月7日寄付き前情報(銘柄情報付)

おはようございます。なかなか相場が落ち着きませんね。一喜一憂してもしょうがないのですが、年初からドンドン下げている相場を見ていると、あまりいい気持ちにはなれません。 昨日あたりに、色々な証券会社から緊 …

テクニカルでは過熱サインが出ているが・・・一筋縄ではいかない。

2月中旬以降、堅調に上昇してきた日経平均株価ですが、その結果、テクニカル上、以下のような「過熱サイン」が点灯しています。3月2日現在の数字です。 ・日経平均のRSI(14日)が89%(一般的に70%以 …

トップへ戻る