SBI証券が教える、11月の狙い目銘柄!

Pocket

ネット証券業界で№1の口座開設数を誇るSBI証券では
現在、11月の狙い目の銘柄株の紹介をしていますわ!

10月31日に日銀が大規模な追加金融緩和を発表したことで、マーケットは騒然となりましたわ。
今回のサプライズで、東京株式市場では約7年ぶりの高値を付け、ドル円も約6年10カ月ぶりに1ドル112円台に…!!
その余波は海を超え、NY株式市場でもダウ平均が一時期最高値を付けるなど、期待感が高まっていますのよ。

SBI証券のレポートによると、今回の大規模な追加金融緩和では
当面、金融セクターや不動産、建設セクターを中心とした大型株市場において恩恵を受ける、と予測していますわ。

さらに、新興市場を含む、

中小型株市場に投資チャンスがある

とSBI証券では分析し、有望な銘柄をピックアップしてくれていますのよ!

ピックアップした中小株銘柄については、いくつかの条件を設けた上で選定していますわ。その条件とは、

(A)東証一・二部上場銘柄で時価総額1千億円未満、またはジャスダック、東証マザーズ上場銘柄。
(B)決算発表が2014年11月以降の銘柄であること。
(C)3月期決算企業で、2014年4~9月期の市場予想営業利益が会社予想を上回っていること。 (弊社業績分析ツールで経常利益ベースでも「上振れ」が確認できること。)
(D)「投資ポイント」から、十分成長が可能な領域とみられること。
(E)市場予想営業利益が、会社計画を上振れる比率が高い順に掲載。

とのことですの。
この条件を踏まえた上で、有望な銘柄をピックアップしていますのよ。

さらには、その銘柄についての投資ポイントも要点を絞って説明してくれてわかりやすいですのよ!

また、SBI証券が中小型株を推す理由も詳細に説明してくれていますの。
それによれば、2013年にスタートしたアベノミクスで市場のリスク許容度が大きく高まった後、中小型の三市場(ジャスダック・東証マザーズ、東証二部)における売買代金は、東証一部の5%~20%台のレンジで推移していたようですわ。10月14日に売買代金が東証一部の6%に再度低下したことで、ボトムに到達したと考えたとのこと。これと、今回の発表で再度20%台を目指して上昇するのでは?…と予想しているみたいですの。

このあたりの説明と分析はグラフで説明されていて分かりやすいですわ!
この他にも詳細な説明がされていて、非常に興味深い内容になっていますの。

今回のサプライズで有望な銘柄を買いたいけど、どれを買って良いかわからないというアナタ!
SBI証券の分かりやすい説明と要点を絞ったレポートは非常にお薦めなのですわ!
他のレポートも充実していて参考になること間違いなし!
今すぐSBI証券で口座開設をするのです!!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の米国株レポートは勉強になりますわ】

豊富な商品ラインナップのSBI証券。 SBI証券では、様々なマーケットレポートを掲載しているのですわ! 今回は米国株に関するレポートについて見てみるのですわ。 SBI証券では4月下旬の米国株の概況につ …

【SBI証券の225のココがPOINT!を見てみるのですわ!】

SBI証券では様々なレポートを掲載していて、とても参考になるのですわ。 今回SBI証券では、「225のココがPOINT!」という記事を掲載していますのよ。 前回紹介したとおり、今回SBI証券では3つの …

【SBI証券の225のココがポイント!はためになりますわ】

SBI証券では、様々なレポートを掲載しているのですわ。 その中で、今回は上昇を続ける日経平均をどう見るかということを取り上げているのですわ。 SBI証券は、上昇を続ける日経平均について「歴史的大相場」 …

【RSIの逆行現象に注意するのですわ!】

非常に勉強になるマーケットレポートが特徴のSBI証券。 今回SBI証券では、日米の株価についてのレポートを掲載してて、3つのポイントから分析していますのよ。 昨日は日米株価のデカップリングを取り上げた …

【SBI証券の日計り信用・HYPER空売りサービスを紹介しますわ!】

豊富なサービスで多くのトレーダーに支持されているSBI証券。 SBI証券では、日計り信用・HYPER空売りサービスが提供されていますのよ。 そもそも日計り信用取引とは、返済期限が当日の一般信用取引なん …

トップへ戻る