【SBI証券の相場見通しはとても勉強になるのですわ!】

Pocket

マーケットレポートが充実しているSBI証券
SBI証券では、今週の相場見通しを掲載しているのですわ。
前回は東証マザーズが底打ちし、上昇する兆しが見えてきた、ということについて書いたのですわ。
今回は、日経平均株価を見てみるのですわ!

日経平均株価と移動平均線のチャートはこれですわ!

日経平均は押し目なく順調に上値を伸ばしてきていますのよ。一方、2万円を前に足踏みが続くなか、米国市場の下げに影響を受け、3/26は比較的長い陰線を形成しているのですわ。25日移動平均線(19,649円、3/26現在)をサポートに下値を切り上げていく想定が基本スタンスとなるが、昨年10/17安値(14,529円)を起点としたN計算値とV計算値の中値(19,780円)付近が高値で意識されたことから、2万円を前にフシになった可能性も高いとSBI証券では分析していますわ。

12/8高値(18,030円)から1/16安値(16,592円)までの下落幅を12/8高値に加えた水準がV計算値の19,468円ですわ。また、昨年10/17安値から12/8高値までの上げ幅を1/16安値からの上昇とみたN計算値が20,093円ですわ。ちなみに、E計算値は、昨年10/17安値から12/8高値までの上げ幅を12/8高値に加えた21,531円となるそうですわ。そして、基調に変化が生じやすいのは、昨年4月安値から9月高値までの「113」の日柄を10月安値から先に当てはめた4/3前後、昨年4月安値から10月安値までの「128」の日柄を、先に当てはめた4/24前後などが挙げられる、とSBI証券では分析していますのよ。

今週注目の主要イベントや国内経済指標の発表は、2月鉱工業生産(3/30)、2月毎月勤労統計調査(3/31)、3月調査日銀短観、3月新車販売台数、法人税の実効税率引下げ(4/1)、10年国債入札(4/2)などですわ。なお、海外のイベントや経済指標では、欧州各国が夏時間入り、フランス県議会選挙第2回投票(3/29)、米2月個人所得・個人支出、米2月中古住宅販売仮契約(3/30)、ユーロ圏2月失業率、ユーロ圏3月消費者物価、米1月S&Pケース・シラー住宅価格指数、米3月シカゴ購買部協会景気指数、米3月CB消費者信頼感指数(3/31)、中国3月製造業PMI、米3月ADP雇用統計、米3月ISM製造業景況指数、米3月新車販売台数(4/1)、米2月貿易収支(4/2)、米3月雇用統計(4/3)などが注目されますわ。日本企業の決算発表も多数予定されている今週の動向に注目ですのよ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【満月や新月は株価と関係があるのかしら?】

豊富なレポートが特徴のSBI証券。 今回SBI証券では非常に面白いレポートを掲載していますのよ。それは、満月や新月と株価は関係があるのか、ということなのですわ。 前回書いたとおり、SBI証券では検証を …

【SBI証券の日本株投資戦略に注目なのですわ!】

豊富なレポートが特徴のSBI証券。 SBI証券では今回、『日本株投資戦略~ここからでも上昇余地大!?出遅れ・大幅増益銘柄を探る!』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。 前回紹介したとおり、S …

【SBI証券の日本株ついてのレポートに注目なのですわ!】

様々な投資商品についてのレポートを掲載しているSBI証券。SBI証券では今回、日経平均2万円を超えた後、急落するなど波乱含みの動きとなっている日本株についてレポートを掲載していますわ。 前回は、決算発 …

SBI証券の中国経済レポートは必見ですわ!

SBI証券では、減速が心配されている中国経済についてレポートしているのですわ。 その中で注目されているのは、外貨準備なのですわ。ソ連のミサイル技術がフルシチョフ時代には実際には脅威ではなかったように、 …

【SBI証券の相場ピックアップ!に注目ですわ!】

SBI証券では、「相場ピックアップ!」というミニコーナーをマーケットレポートの中で紹介していますのよ。 このコーナーでは、直近の株式市場で、注目すべき事柄をピックアップして解説してくれているのですわ。 …

トップへ戻る