【SBI証券の相場見通しに注目なのですわ!】

Pocket

SBI証券では、今週の相場見通しを掲載しているのですわ。
前回書いたとおり、今年の3月は「個人の配当狙いの買い」、「年金買い」、「海外投資家の買い」が例年以上に重なっていることが特徴なのですが、4月以降も大口投資家による買いが続くかどうかがポイントなのですわ。
このことについて、SBI証券では、「日経平均の83カ月周期」によって4月に反動安が予想以上に大きくなる可能性があり注意が必要、としているのですわ。

そして、マーケットに影響を与える事項として気になることを3つ挙げているのですわ。まず一つ目は、ギリシャのCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)がゆっくり上昇していること(上昇は国の財務状況や信用力が低下しリスクが高まっていることを意味する)、二つ目は、恐怖指数といわれる米VIX指数(図表1)が十分なところまで下げ、上昇余地が高まってきたこと(上昇は市場の混乱を意味することが多い)、三つ目は米国のダウ輸送株指数が軟調なこと(景気減速局面では輸送株が先行して下落する)とのことですわ。

このような懸念事項について、米3月の雇用統計が発表になる4/3(金)前後の動向に注意するよう、SBI証券では呼びかけていますわ。しかもこの日は米国株式市場が「聖金曜日」で休場となるため、先に米雇用統計の結果を織り込む東京市場が間違った反応をするかもしれない、とのことですのよ。

日経平均株価が15年以来の高値を更新する中で、新興市場に目を向けると、東証マザーズ指数は昨年の夏場以降ずっと低迷が続いているものの、4月中にも「急上昇(爆上げ)」があっても不思議ではない雰囲気が出てきた、とSBI証券では分析していますわ。当面は日経平均株価の「2万円」超えを追いかけるよりも、ひとまずはマザーズ市場に切り替える戦略も有効ではないか、とのことですのよ!

これが東証マザーズ指数のチャートですわ。

というのも、東証マザーズ指数は、昨年8月高値(993P)を起点に調整が続いているものの、一目均衡表では依然として抵抗帯(雲)を上抜ける買いサインは出ておらず、日柄面からは底打ちの兆しがでてきたそうですわ。昨年5月安値から10月安値までは104日を要したのですわ。10月安値からほぼ同じ期間経過した3/19安値(848P)が、3/11安値(846P)に対する二番底となった可能性がある、とSBI証券では分析していますわ。二番底は安値と高値を切り上げる底入れの最初のヒントになる動きである。目先的には上値が抑えられる可能性もあるものの、昨年以降のもみ合いの中心(903P、赤の点線)を上回ることができれば、1,014P~1,083P程度まで上値余地は広がるだろう、とSBI証券では予測していますわ。

また次回もこのテーマを取り上げるのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の福の神レポートは要チェックですわ!】

SBI証券では福の神レポートを現在掲載中ですわ。 この福の神レポートは定期的に掲載されているのですが、毎回興味深い内容を取り上げていますのよ。 今回は、「好配当銘柄に注目!20万円以下で買える銘柄は? …

【SBI証券の個人向け国債キャンペーンを紹介しますわ!】

SBI証券では、現在個人向け国債キャンペーンを実施中なのですわ! このキャンペーンは、2014/12/4(木)16:00~2014/12/29(月)14:00(予定)まで開催されますの。 そして、対象 …

SBI証券の中国経済レポートに注目なのですわ!

SBI証券では、「中国の外貨準備とフルシチョフ時代のソ連」というテーマのレポートを掲載していますわ! 景気減速が懸念されている中国経済。中国市場の株価の暴落が世界経済に暗い影を落とすなど、今後の動きが …

【SBI証券のレポートに注目なのですわ!】

昨日日経平均株価が一時2万円を超えたのですわ。2000年以来15年ぶりのことですのよ。 SBI証券では、早速号外のレポートを出していますわ。そのタイトルは『【号外】日経平均株価が2万円!ここから何を狙 …

【SBI証券の4月相場のレポートに注目ですわ!】

SBI証券のレポートは多岐にわたり、しかもわかりやすいと評判なのですわ。 今回SBI証券では、サキモノの『ココがPOINT!』というレポートを掲載し、『 4月相場は、上げて・下げて・また上がる!?』と …

トップへ戻る