【SBI証券の日本株投資戦略に注目なのですわ!】


豊富なレポートが特徴のSBI証券
SBI証券では今回、『日本株投資戦略~ここからでも上昇余地大!?出遅れ・大幅増益銘柄を探る!』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。
前回紹介したとおり、SBI証券では2つのポイントから、『利益面で大幅増益が見込め、極端な割高感もなく株価上昇余地の大きそうな銘柄』を分析していますわ。

まず一つ目は『ここからでも上昇余地大!?出遅れ・大幅増益銘柄を探る!』なのですわ。
SBI証券では、日経平均株価が2万円を回復した現状でも出遅れ感の強い大幅増益予想銘柄を抽出したそうですわ。その条件は、

(1)東証一部上場で時価総額1千億円以上(銀行・証券・保険を除く)の3月決算企業(主力企業が対象)。
(2)アナリスト・カバレッジが2社以上あること(有効な市場コンセンサスのデータを取るために最低限の条件)。        
(3)今期・来期ともに市場コンセンサスで10%超の営業増益予想。特に今期は、会社予想以上の増益率が予想されていること。        
(4)今期・来期の予想PERが20倍(市場コンセンサス)未満(割高感の強い銘柄を除くため)。
(5)ROE(前期基準)が8%より大きいこと(一定以上の資本効率を求めました)。
(6)アナリストが今期10%以上の増配を予想していること(株主還元強化への市場の関心が高いため)。
(7)前回、日経平均株価が2万円を付けていた4月23日からの上昇率が10%未満。

とのことですわ!
これらの全条件を満たす銘柄を、今期予想増益率の高い順番に並べた(業種重複は避けました)のが、下表ですわ。

大幅増益予想銘柄であっても、アナリスト予想を下回る会社予想を出した銘柄のパフォーマンスは相対的に低くなる傾向があるそうなのですわ。なぜなら、決算発表シーズン中は、アナリスト予想を上回るような強気な予想を出した会社に人気が集まりやすいからとのことなのですわ。しかし、決算発表シーズンのこうした物色傾向が、逆に投資チャンスを作り出しているように思われる、とSBI証券では分析していますのよ。

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の日経平均に関するレポートに注目なのですわ!】

豊富で詳細なレポートが特徴のSBI証券。 前回も紹介したとおり、SBI証券では、今回、オプションの『ココがPOINT!』で日経平均が2万円を回復したことについて取り上げ、次の上値メドと投資戦略について …

【SBI証券のレポートをチェックするのですわ!】

SBI証券はレポートを頻繁に掲載しており、とても詳しいと評判なのですわ。 今回は、金曜日(4/10)に一時日経平均が2万円を超えたことについて、その要因や今後の動きを、3つのポイントに絞って詳しく解説 …

【出遅れ好業績・割安銘柄を投資金額順で見てみるのですわ!】

前回書いたとおり、SBI証券では、『日経平均19,000円!今後どうみる?好業績・割安銘柄が狙い目!?』というテーマでマーケットレポートを掲載していますのよ。 その中で、3つのテーマで銘柄を抽出してい …

【SBI証券の4月相場のレポートに注目ですわ!】

SBI証券のレポートは多岐にわたり、しかもわかりやすいと評判なのですわ。 今回SBI証券では、サキモノの『ココがPOINT!』というレポートを掲載し、『 4月相場は、上げて・下げて・また上がる!?』と …

【満月や新月は株価と関係があるのかしら?】

豊富なレポートが特徴のSBI証券。 今回SBI証券では非常に面白いレポートを掲載していますのよ。それは、満月や新月と株価は関係があるのか、ということなのですわ。 前回書いたとおり、SBI証券では検証を …

トップへ戻る