【SBI証券のレポートを見てみるのですわ!】

Pocket

詳細なレポートを定期的に掲載しているSBI証券
今回SBI証券では、先週金曜日に2万円を超えた日経平均を取り上げ、今回SBI証券は、オプションの『ココがPOINT!』で今後の展開などを予想しているのですわ。

上日経平均株価に上値メドを20,473円とした場合、最も効率的な日経平均オプションの投資戦略を考えると、上値メドに最も近い権利行使価格のコールオプションをアウトライト(売り・買いを片一方だけ行う取引)で買う方法とのことなのですわ。
5月限月の日経平均オプション権利行使価格20,500円のコールは、4月9日12:00現在180円とのことですのよ。

SBI証券の想定通り、来週に日経平均株価が急伸して、上値メドである20,474円を4月17日(金)に付けたと想定した場合の、損益シミュレーションを行ったものが、こちらなのですわ。

 
日経平均株価が、10日のSQ(特別清算指数)算出後も20,000円を通過点として、大きく上抜けて来れば、この想定通りとなるのですが、どうなるのか、SBI証券では、日経平均2万円を改めて吟味していますわ。
それによれば、投資環境は確かに変化しましたが、変化したとみられる3点について、過度の懸念は不要であると考えられる、とのことですのよ。
今回はそのうちの1つを見てみますわ。

(1)「年金買い、外国人買いが続くとの期待が後退した可能性」について、どう考えるべきか

これについては、3月期末という一時的な要因も作用したと考えられるそうですのよ。また、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式組入れが進捗してきたとの指摘もありますが、3共済や、ゆうちょ銀行、かんぽ生命など、今後株式組入れ比率拡大を見込まれる投資主体は少なくない、とのことですのよ。海外投資家についても、ドイツ等主要国の国債利回りの極端な低下で運用難の様相が強まってきた欧州勢等からの買いも期待できそうとのことですのよ。日本企業の増益基調が確認されれば、コンスタントな外国人買いは今後も期待できると考えられる、とのことですのよ。

次回もこの話題を取り上げますわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【1月5日(月)15時まで!SBI証券のMY-ラップ購入キャンペーン!!】

昨年12月11日より開催している、SBI証券の「MY-ラップの購入で現金5万円が当たる!キャンペーン」。このキャンペーンがいよいよ1月5日(月)15時で終了となりますわ! MY-ラップとは、もともと富 …

【SBI証券の相場見通しに注目なのですわ!】

SBI証券では、今週の相場見通しを掲載しているのですわ。 前回書いたとおり、今年の3月は「個人の配当狙いの買い」、「年金買い」、「海外投資家の買い」が例年以上に重なっていることが特徴なのですが、4月以 …

【SBI証券の個人向け国債キャンペーンを紹介しますわ!】

SBI証券では、現在個人向け国債キャンペーンを実施中なのですわ! このキャンペーンは、2014/12/4(木)16:00~2014/12/29(月)14:00(予定)まで開催されますの。 そして、対象 …

【SBI証券の米国株スクリーナーの紹介例を見てみるのですわ!】

様々な市場レポートが掲載されている、SBI証券。 トレーダーにとって非常にためになる情報が盛りだくさんなのですわ! 今回SBI証券では、「米国株スクリーナー」を使った業績好調小売銘柄のスクリーニングと …

【SBI証券のレポートに注目ですわ!】

豊富なサービスとレポートが特徴のSBI証券。 SBI証券では、日経平均株価が20,000円を超えた場合について、事前にオプションの『ココがPOINT!』で予想していたのですわ。 前回はその予想のうち、 …

トップへ戻る