【SBI証券のレポートに注目ですわよ!】


SBI証券では定期的にマーケットレポートを掲載しているのですわ!
今回は『日本株投資戦略~新年度相場で上昇期待!大幅増益予想銘柄は?』というタイトルで、マーケットレポートを掲載しているのですわ。
そして、3つのテーマで抽出した銘柄を紹介していますのよ。
今回はそのうちの2番目『 市場が大幅増益を予想している銘柄の特徴は?』というテーマを取り上げますわ。

SBI証券では、大幅増益を予想している銘柄として3つのパターンに分けていますわ。

(A)収益構造の転換が奏功しつつあるコナミ、レオパレス21

(B)競争力の強化が利益拡大につながりつつあるTDK、カシオ、東芝、大同メタル

(C)海外売上高の拡大がけん引する富士重、IHI

とのことですわ。
こちらが昨日も紹介した表ですわ。

まず(A)ですが、上表で上位1位・2位の2社は、収益構造の転換により、収益力が改善傾向にあるという点で共通していますのよ!
大手ゲームソフトメーカーであるコナミ(9766)は、販売本数を絞って採算を高める方針が奏功している上、オンラインゲーム向けの売上高増加で、収益性が改善しつつありるそうですわ。カジノ向け売上高もありますので、我が国でもカジノ設置が濃厚になってくれば、関連ビジネスに参画してくる可能性は十分ありそう、とのことなのですわ。

また、レオパレス21(8848)は、リーマンショック後に、請負建築主体から、ストックビジネス型事業である賃貸事業に軸足を移したことで、収益に安定性が増しつつあるのですわ。賃貸ビジネスでは、一括借上方式(サブリース)を採用しており、相続税対策としてビジネス拡大の余地がある、とのことなのですわ。

続いて(B)ですが、競争力の強化をバネに、利益を拡大させている企業があるのですわ。TDK(6762)は、世界で高シェアを誇る多くの製品群を揃える電子部品メーカーなのですわ。スマホ市場の拡大や今後のウェアラブル端末の普及が追い風になると見られ、さらには自動車向けにも強みを持っているそうで、利益構造はバランスが取れていると考えられるそうですわ。カシオ(6952)は、時計、デジカメ、電卓の世界で他社と競合しにくい独自の高機能分野を進んでいますのよ。また、東芝(6502)は、大きな収益源である半導体フラッシュメモリで、シェアは2割程度と、サムスン電子(3割前後)との寡占化(最近は追い上げ傾向)が進んでいますわ。さらに大同メタル(7245)は、すべり軸受(メタル)で全産業分野においてトップシェア(売上面では自動車向けが主力)を有しているそうですわ。

最後に(C)ですが、富士重工(7270)は、販売台数の6割が北米なのですわ。円安・ドル高に加え、ガソリン価格の下落が北米自動車市場の拡大に追い風になりそうで、業績も伸びそうなのですわ。IHI(7013)は、海外売上高が5割超ですが、全地域で拡大傾向にあるそうですわ。特に北米向けが金額・伸び率ともに大きくなってる、とのことですのよ。
この他、大同特殊鋼(5471)は、2014年4~12月に「エネルギーコストの上昇分を吸収しきれず」(会社資料)、前年同期比4.8%の営業減益でしたが、今後はエネルギーコストの低下を期待できそうとのことなのですわ。既に2014年10~12月期だけみると、前年同期比28.1%の営業増益に転じており(上図参照)、業績は改善傾向とみられますのよ。また、日立金属(5486)は、株式売却益計上もあり、3月19日付で業績見直しを発表しているそうですわ。

次回もこのテーマを取り上げますわ。

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【株価と月の満ち欠けの関係性に大注目なのですわ!】

様々なレポートが豊富に掲載されているSBI証券。 SBI証券では、『満月・新月で株価はどう動く?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。 SBI証券によれば、天体の運行と相場の関係に興味を持つ …

SBI証券の中国経済レポートは必見ですわ!

SBI証券では、減速が心配されている中国経済についてレポートしているのですわ。 その中で注目されているのは、外貨準備なのですわ。ソ連のミサイル技術がフルシチョフ時代には実際には脅威ではなかったように、 …

SBI証券。新規口座開設キャンペーン10月!

9月が終わったと思ったら… SBI証券、まさかの増額をしてきたのじゃ!! ここでは新規口座を開設すると 住民票取得代行+最大7,300円◆Wプレゼント◆ と紹介したのだが… 《以前の記事》 今回はなん …

【満月・新月は株式相場にどのような影響を与えるのかしら?】

豊富なレポートが特徴のSBI証券。 SBI証券では、月の満ち欠けが株価に影響を与えるのか?ということがテーマのレポートを掲載しているのですわ。 SBI証券によれた、月の満ち欠けの周期(朔望周期と言われ …

【来期予想PERで最も出遅れている5業種から代表銘柄を狙うのじゃ!】

様々なサービスと、豊富なマーケット情報に定評のあるSBI証券。 何回かに渡り紹介しているとおり、SBI証券では、『3月相場先取り「出遅れ・バリュー銘柄」』というテーマで、これから伸びそうな銘柄を詳しく …

トップへ戻る