【SBI証券のマーケットレポートを見てみるのですわ!】


レポートを豊富に掲載しているSBI証券。SBI証券では今回、日経平均2万円を超えた後、急落するなど波乱含みの動きとなっている日本株についてレポートを掲載しているのですわ。

今回は、好決算を発表したにもかかわらず、全般的な株価波乱の影響で、株価が低迷している銘柄について見てみるのですわ。

SBI証券での抽出条件は以下の通りなのですわ。

(1)東証一部上場で時価総額1千億円以上(銀行・証券・保険を除く)の3月決算企業
(2)5月1日までに決算発表を終了した銘柄
(3)2015年3月期営業利益(実績)が会社計画を上回っていること
(4)2016年3月期予想増益率が、会社予想、市場予想ともに10%以上の増益予想
(5)4月23日以降、5月1日までの株価が下落していること

この全条件を満たす銘柄を、株価下落率の大きい順に5銘柄並べたものがこちらですわ!

SBI証券では、会社計画や市場予想を利益面で上回っている「実績」を前提条件としたそうですわ。2016年3月期予想営業利益については、市場予想が概ね水準的に高く、それを会社予想で上回る銘柄は少なくなっているために、条件とはしなかったそうですわ。

東京エレクトロンは、決算発表そのものより、米アプライド・マテリアルズとの統合撤回が嫌気されたそうですわ。ただ、昨年末の高値からの下落率は3割に達し、織り込みが進捗していること、5月14日以降1,200億円・1,540万株をそれぞれ上限とする自社株買いを予定していますので、見直し買いが入る可能性も出てきそうであるとSBI証券では分析していますわ。

三洋化成キッコーマンは中期計画を策定しており、それが評価される場面もありそう、とのことですわ。前者は、2018年度に営業利益200億円(16年3月期計画は110億円)、ROE10%以上を目指しているそうですのよ。後者も18年3月期までに、ROEを前期の6.9%から9%以上まで引き上げる計画ですのよ。このうち後者は、昨年10月から本年4月9日までで株価が2倍以上になった反動で、既に調整が進んでいるとみられるそうですわ。

商船三井は前期大幅減益となりましたが、今期以降は米国向けを中心にコンテナ船の回復が見込まれそう、とのことですわ。エネルギー価格下落のメリットもフル寄与してきそうとのことなのですわ。日立マクセルは、来期にかけても2ケタ増益が続くと市場は予想している、とのことですのよ。

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券では、TPPについてのレポートを掲載していますわ!】

豊富で詳細なマーケットレポートが特徴のSBI証券。 SBI証券では、今回TPPについての記事を掲載していますのよ。 TPPという言葉をこのところ特に耳にしますわ。もちろん以前からTPPは何度も話題に上 …

【SBI証券のマーケットレポートはとてもためになるのですわ!】

情報量の多さと行き届いたサービスで、多くのトレーダーの支持を集めるSBI証券。 SBI証券では、トレーダー向けのマーケット情報を頻繁に掲載していて、とてもためになるのですわ! 今回SBI証券では、サキ …

【SBI証券が紹介する、12月株主優待銘柄ですの!】

豊富な商品ラインナップや発注機能が充実していることで人気のSBI証券。 そんなSBI証券では、12月に権利が確定する銘柄の株主優待をピックアップしてくれていますわ。 株主優待は、他の投資商品にはない株 …

【SBI証券の「知って得する株主優待2015年版」電子ブックプレゼントキャンペーンを紹介しますわ!】

SBI証券では、2014/11/25(火)~2014/12/25(木)の期間中に国内株式の現物買付取引(PTS取引含む)を1回以上された方の中から、抽選で3,000名様に「知って得する株主優待 201 …

【SBI証券が分析した日経平均の反転に備えるポジションに注目ですわ!】

詳細なマーケットレポートが豊富なSBI証券。 これまで数回に渡り、紹介したとおり、SBI証券ではオプションの『ココがPOINT!』で日経平均が2万円を回復したことについて取り上げ、次の上値メドと投資戦 …

トップへ戻る