【SBI証券では次の上値メドと投資戦略を分析していますわ!】

Pocket

豊富で詳細なレポートが特徴のSBI証券
SBI証券では、今回、オプションの『ココがPOINT!』で日経平均が2万円を回復したことについて取り上げ、次の上値メドと投資戦略についてのレポートを掲載しているのですわ。

いつ2万円を超えるか、と注目されていた日経平均は、4月10日に一時2万円を付けた後、しばらくはもたついていたのですが、4月22日についに、終値で20,000円を回復しましたのよ。
終値ベースでの大台回復は、2000年4月14日以来約15年ぶりになるそうですわ。

このことについて、SBI証券では、2万円台の大台を回復できた要因を分析し、要因を3つ挙げていますのよ。

○景気・企業業績の拡大期待
円安・ドル高、原油安の効果が見込まれるのですわ。さらに、個人消費は、ベア実施効果や消費増税(2014年4月)から1年が経過したことで、前年同期比で増えやすくなっていますのよ。

○世界的な過剰流動性
ご存じのとおり、日本や欧州で量的金融緩和が実施されていることに加え、中国でも預金準備率が引き下げられる等、世界的に過剰流動性が生じやすくなっていますのよ。
米国については、政策金利の引き上げが予想されているものの、足元の景気指標が弱いために、早期の引き上げ観測はやや後退しているそうですわ。

○良好な株式需給
新年度となり、海外投資家の買い越し姿勢が強まりつつあるそうですわ。日銀によるETFの購入は新年度、4月は20日までに1回あたり365億円、計5回実施され、相変わらず、下値を支える効果を生み出しているそうなのですわ。

このような中、原油価格(WTI先物)は、チャート上では底入れ完了の形になる「1バレル54ドル」のラインを15日に、上抜けてきたそうですのよ。このことについて、SBI証券は、これまでの原油安とドル高(特に対ユーロ)は「表裏一体」との見方からすると、原油価格の底入れは、ドル高(米国の国際的企業の収益に逆風)一服観測につながりやすく、米国投資家のリスクオン姿勢につながる可能性があると分析していますわ。

次回もまたこの話題について取り上げますわ。

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の225のココがPOINT!で、日経平均の今後を参考にするのですわ!】

SBI証券では様々なレポートを掲載していて、とても参考になるのですわ。 今回SBI証券では、「225のココがPOINT!」という記事を掲載していますのよ。 前回紹介したとおり、上昇を続ける日経平均をど …

【SBI証券のATM入金を紹介しますわ!】

豊富なサービスでおなじみのSBI証券。 SBI証券では、様々な入金方法を用意しているのですわ! 今回は、ATMカード入金について紹介しますわ。 SBI証券では、セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMから、S …

SBI証券のジュニアNISAに注目なのですわ!

SBI証券ではジュニアNISA口座の対象コースの取引について、国内株式の売買と海外ETFの取引手数料を無料にするそうですわ! ジュニアNISAとは、2016年(1月:申込開始、4月:取引開始)より、1 …

【SBI証券の相場見通しはとても勉強になるのですわ!】

マーケットレポートが充実しているSBI証券。 SBI証券では、今週の相場見通しを掲載しているのですわ。 前回は東証マザーズが底打ちし、上昇する兆しが見えてきた、ということについて書いたのですわ。 今回 …

【SBI証券が教える期待の銘柄ですわ!】

ネット証券最大手のSBI証券は、手数料の安さ、顧客満足度の高さ等、色々と評判が良い会社なのですわ。 そんなSBI証券では、20万円以下で買える「日銀・GRIF」の後押し期待の銘柄についてHP上で紹介し …

トップへ戻る