【SBI証券が分析した日経平均の反転に備えるポジションに注目ですわ!】


詳細なマーケットレポートが豊富なSBI証券
これまで数回に渡り、紹介したとおり、SBI証券ではオプションの『ココがPOINT!』で日経平均が2万円を回復したことについて取り上げ、次の上値メドと投資戦略についてのレポートを掲載しているのですわ。

ご存じのとおり、日経平均株価は2000年4月14日以来15年ぶりに、終値で20,000円の大台を回復したのですわ。
下図は、2000年4月にかけての数ヶ月の日経平均株価の推移をみたものなのですわ。

2000年4月当時の相場は、IT相場の後、97年以来の大台回復を実現し、高揚していたそうなのですわ。
しかし、その後、株式市場は急変し、4月17日には、前日比1,426円安(一時1,830円安)する大波乱となり、日経平均株価は一気に19,000円割れまで急落したのですわ。

下図は、現物株(日経平均)を保有している投資家が、プット・オプション(2015年5月限・権利行使価格19,750円)を150円(4月23日・日中終値)で買ったとした場合の「合成損益図」とのことですわ。

仮に、現物株を保有したままの状態であれば、先に書いたような相場の急変時に、日経平均が下がれば下がるほど、現物株の損失は膨らんでしまいますのよ。こんな時、「プットの買い」を組み合わせることで、日経平均下落時の損失を一定限度で抑えることが可能になるのですわ。

上の合成損益図の形状から分かる通り、「現物の買い」と「プットの買い」を組み合わせた損益は、「コールの買い」と同様の形になりますのよ。オプション取引は、複数の取引を組み合わせることで求めるポジションをそれ単独で実現できるのですわ。

オプション取引を絡めながらわかりやすい解説をしてくれているSBI証券のレポートは参考になりますわ。
相場の急変に備えて取引をする際、是非参考にするのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【相場ピックアップ!に注目ですわ!】

SBI証券のレポートは内容が豊富でとても参考になるものばかりなのですわ! さらに、レポートの中に「相場ピックアップ」というミニコーナーを設けているのですわ。 今回SBI証券では、食品株について取り上げ …

【SBI証券のマーケットレポートを見てみるのですわ!】

レポートを豊富に掲載しているSBI証券。SBI証券では今回、日経平均2万円を超えた後、急落するなど波乱含みの動きとなっている日本株についてレポートを掲載しているのですわ。 今回は、好決算を発表したにも …

【SBI証券の日本株投資戦略は要チェックですわ!】

豊富なレポートが特徴のSBI証券。 今回SBI証券の日本株投資戦略では、原油価格下落で注目される業種・銘柄について紹介していますわ! 今年2月~7月までの間に、月平均1バレル100ドル以上で推移してき …

【割安(バリュー)株投資法を見てみるのじゃ!】 

豊富なレポートと使いやすい取引ツールで多くのトレーダーからの指示を集めるSBI証券。SBI証券では定期的に福の神レポートというマーケット情報を掲載しており、今回は、「今が買い!?20万円以下で買える割 …

【出遅れ好業績・割安銘柄を投資金額順で見てみるのですわ!】

前回書いたとおり、SBI証券では、『日経平均19,000円!今後どうみる?好業績・割安銘柄が狙い目!?』というテーマでマーケットレポートを掲載していますのよ。 その中で、3つのテーマで銘柄を抽出してい …

トップへ戻る