【SBI証券が上昇余地のある、出遅れ銘柄を紹介していますわ!】


様々なレポートを掲載しているSBI証券
SBI証券では今回、『日本株投資戦略~ここからでも上昇余地大!?出遅れ・大幅増益銘柄を探る!』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。
前回紹介したとおり、SBI証券では、日経平均株価が2万円を回復した現状でも出遅れ感の強い大幅増益予想銘柄を抽出したのですわ。

7つある抽出状況のうち、(1)の『東証一部上場で時価総額1千億円以上(銀行・証券・保険を除く)の3月決算企業(主力企業が対象)。』を満たす銘柄は533銘柄あるそうですわ。そして、そのうちの65銘柄が10%を超える上昇率となったそうですのよ。下表はそのうちの上位10銘柄を表にしたものなのですわ。

このうち、三井金属、フジクラ、トヨタ紡織は、新年度の会社予想営業利益が市場コンセンサスを10%超上回る強気な会社見通しを公表し、株価はそれを好感して上昇したのですわ。
上位10銘柄は平均で、会社予想が市場コンセンサスを平均3%上回る営業利益見通しになったのですわ。また、国際会計基準への移行で単純には前期と比較できないコニカミノルタを除く全社で、会社予想営業利益が増益見通しになっていますのよ。

逆に、同じ期間で株価下落率の大きかった10銘柄は、会社予想が市場コンセンサスを下回るケースが多く、平均で6.9%下回っていたそうですわ。

SBI証券によれば、このように、市場コンセンサスを上回る利益見通しを発表した会社の株価が大きく上がるのは、決算発表の時期に特徴的な傾向と考えられる、とのことですのよ。ただ、これらの銘柄は強気見通しを一旦株価に織り込んだ可能性がある、とSBI証券では分析していますわ。そのため、昨日紹介した抽出条件で該当した銘柄のうち、一定以上の株価上昇率の銘柄を除いてあるそうですわ。

なお、会社予想営業利益が、市場コンセンサスを下回っていても、会社予想が慎重なだけに過ぎない場合もあるため、必ずしも否定的にとらえる必要はないそうですわ。むしろ、それゆえに株価が割安に放置されているケースもあるそうなのですわ。

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【来期予想PERで最も出遅れている5業種から代表銘柄を狙うのじゃ!】

様々なサービスと、豊富なマーケット情報に定評のあるSBI証券。 何回かに渡り紹介しているとおり、SBI証券では、『3月相場先取り「出遅れ・バリュー銘柄」』というテーマで、これから伸びそうな銘柄を詳しく …

【SBI証券の『My-ラップ』に注目ですわよ!】

SBI証券では11/28日(金)より、『My-ラップ』 の取り扱いを開始する予定ですわ! このMyラップは「SBI証券で資産運用をプロに一任できるサービスである”ラップ口座”のエッセンスを、ネットで手 …

【SBI証券の相場見通しに注目なのですわ!】

SBI証券では、今週の相場見通しを掲載しているのですわ。 前回書いたとおり、今年の3月は「個人の配当狙いの買い」、「年金買い」、「海外投資家の買い」が例年以上に重なっていることが特徴なのですが、4月以 …

【SBI証券の日本株投資戦略レポートに注目ですわ!】

様々なマーケットレポートを積極的に掲載しているSBI証券。 SBI証券では、今回『日本株投資戦略~新年度相場で上昇期待!大幅増益予想銘柄は?』というタイトルで、マーケットレポートを掲載していますわ。 …

【SBI証券の家族や友人を紹介して現金GETキャンペーンに注目なのですわ!】

SBI証券では、現在、家族や友人をSBI証券に紹介して、その人がSBI証券で口座開設&入金したら、3000円ゲット!というキャンペーンをしているのですわ! このキャンペーンは、3つの手順を踏むことで条 …

トップへ戻る