【来期予想PERで最も出遅れている5業種から代表銘柄を狙うのじゃ!】

Pocket

様々なサービスと、豊富なマーケット情報に定評のあるSBI証券
何回かに渡り紹介しているとおり、SBI証券では、『3月相場先取り「出遅れ・バリュー銘柄」』というテーマで、これから伸びそうな銘柄を詳しく紹介していますわ。
今回は、『来期予想PERで最も出遅れている5業種の代表銘柄』を見てみるのですわ!

業種別の予想PER(加重平均)の低い順に5業種をSBI証券ではピックアップし、その中で時価総額最大の企業を「有望な物色対象」と考えた、とのことですのよ。

予想PER(来期)が低い5業種はこれですわ!
なお、この表の中の「全体」はJPX400採用銘柄の平均(加重)とのことですわ。

市場コンセンサスが存在する企業だけで計算しているため、TOPIX全体とは異なる可能性があるそうですわ。来期予想PERは全体で14.8倍ですのよ。ゴム製品や卸売業などが低PERとなっていますわ。

このようにしてピックアップした5業種の中から時価総額でみて最大の企業を1つずつ抽出したのがこちらなのですわ。
なお、鉄鋼セクターで時価総額最大の新日鉄住金については、前回『株価面で出遅れている上、予想PERも業界平均を下回る銘柄』で取り上げているので省いているのですわ。

この表によれば、最も業種別予想PERが低いのは、「ゴム製品」ですわ。その代表銘柄であるブリヂストンは、2月17日に通期の決算発表を実施、2014年12月は円安に加え、原材料価格の値下がりも寄与したために最高益を記録していますのよ。続く2015年12月期は、8.6%増の営業利益を会社側は計画しているものの、市場ではより高い数字が出るのではないかと期待されているそうですわ。

第2位の卸売業は、商社の多くが原油価格の下落を背景に、権益の減損等を実施したために市場の期待値が下がったことが、PER低下を招いたと考えられているのですわ。今後も、原油価格下落のリスクは残り、それが商社株に影響する可能性がある、とのことですのよ。ただし、2015年1~3月期の平均原油価格1バレル50ドル程度までは織り込んだとみられ、原油価格が50ドル前後で落ち着けば、株価の追い風になると考えられますわ。

銀行株は2月後半になり、人気化の傾向を強めていますわ。金利の底打ち期待から、業績の拡大も予想されていますのよ。ただ、人気化の背景には、この表のようなバリュエーション上の魅力があったことも指摘されますわ。

出遅れてしまっているものの今後期待できる、掘り出し物の銘柄を取引したい、という方!
是非SBI証券で口座開設するのですわ!

【カテゴリ】SBI証券

関連記事

【SBI証券の225のココがポイント!はためになりますわ】

SBI証券では、様々なレポートを掲載しているのですわ。 その中で、今回は上昇を続ける日経平均をどう見るかということを取り上げているのですわ。 SBI証券は、上昇を続ける日経平均について「歴史的大相場」 …

【SBI証券では日経平均株価についての今後をレポートしているのですわ!】

マーケットレポートを頻繁に掲載しているSBI証券。様々なレポートがあり、非常に勉強になるのですわ。 今回のSBI証券では、日経平均株価の本格的反騰が接近か?というテーマで分析したレポートを掲載しており …

初心者でも安心!使いやすい!SBI証券の特徴とは…!?

SBI証券は初心者でも使いやすいと評判なのです。 業界屈指の手数料の安さもさることながら、手数料プランも2種類あって、使い勝手が良いのが特徴なのですわ。 1注文の約定代金に応じて手数料の決まる「現物ス …

【SBI証券のセミナーについて紹介しますわ!】

SBI証券では様々なセミナーを開催していますわ!取扱商品の種類が多いSBI証券ですけれど、それぞれの商品に対して、きちんとセミナーを用意していますわ。 国内株式 外国株式・海外ETF 投信 債権 FX …

【RSIの逆行現象に注意するのですわ!】

非常に勉強になるマーケットレポートが特徴のSBI証券。 今回SBI証券では、日米の株価についてのレポートを掲載してて、3つのポイントから分析していますのよ。 昨日は日米株価のデカップリングを取り上げた …

トップへ戻る