【GMOクリック証券の国内上場外国株式の取扱を紹介しますわ!】

Pocket

取引コストの安さとシンプルながらも使い勝手の良いサービスでおなじみのGMOクリック証券

GMOクリック証券では2014年9月16日より国内上場外国株式の取扱を開始しましたのよ!

外国株というととっつきにくイメージを持つ方も多いのでは?
通貨が日本円ではないために、株価を捉えづらかったり、会社の決算等の情報も英語等の外国語で記されているために、内容を理解するのに一苦労するのではないか…など、我々日本人にとってはハードルが高いですわ。
とはいえ、外国株には、日本にはないユニークな事業を行っている会社や高配当の会社等成果期待のチャンスが色々とあって魅力的なのは確かですのよ。

そんな外国株については、東証が昭和48年にが外国株市場を開設して市場運営に取り組んできましたのよ。日本における外国株の市場については、あまり知られていないですけれど、実は結構な歴史があるのですわ。

日本国内で取り扱われる外国株については二種類あって、外国株は、海外市場の銘柄に投資する(外国取引、国内店頭取引)以外に、国内の証券取引所(東京・大阪)に上場されている外国銘柄に投資する方法(国内委託取引)がありますのよ。 GMOクリック証券で取り扱っているのは、後者の方になりますわ。
この場合、国内の証券取引所に上場されている銘柄の、その証券取引所市場における取引ということですので、日本証券業協会や証券取引所の諸規則に基づいて行われますのよ。国内株式同様、取引はすべて円で取引され、売買代金の決済は売買の成立日から4営業日目…と、通常の日本株と同じですの。

東証のHPによると、東証で外国株を取引するメリットとして、

●売買の仕組み(株価がリアルタイムで見られる点、注文の出し方、制限値幅等)が日本株と同じ。信用取引も、日本株と同基準を満たしたものについては利用可能。
●円建てで取引ができるため、外貨に交換する必要がない。(外国為替手数料がかからない。)
●株価が新聞等に毎日円表示で掲載される。
●10万円以下の金額で投資できる外国株が多く、比較的少額から投資がでる。
●売買委託手数料は、売買が東証で行われるため、国内の証券会社に支払うだけで済む。(本国の証券会社へ注文を取り次ぐ費用がかからない。)
●決算短信、重要な会社情報のほか、アニュアルレポートなどが日本語で入手できる。

とのことですの。

GMOクリック証券では世界的に有名な、バンク・オブ・アメリカやダウ・ケミカル等の外国株式を国内株式と同様に取引できますのよ!
取扱銘柄は下図のとおりですわ。

取引にあたっての注意事項も記載されているから要チェックですわよ。

グローバルに展開する外国の優良企業の株を買ってみたいというアナタ!
手数料の安いGMOクリック証券で取引にチャレンジしてみてはどうかしら?


【カテゴリ】GMOクリック証券

関連記事

【GMOクリック証券の便利な投資情報コンテンツ】

取引コストの安さと豊富な取引ツールが特徴のGMOクリック証券。 そんなGMOクリック証券では投資情報ツール も力を入れていますのよ! 2010年よりTIW社が提供するアナリストレポートを無料で閲覧でき …

【GMOクリック証券の便利な財務分析機能を紹介しますわ】

取引コストの安さと取引ツールのはっちゅう君でおなじみのGMOクリック証券。 そんなGMOクリック証券の財務分析機能はとても便利ですわ! GMOクリック証券のHPよりログインすると見られるのですわ。 財 …

【GMOクリック証券のトレードアイランドを紹介しますわ!】

使い勝手の良さとサポート体制の厚さに定評のあるGMOクリック証券。 GMOクリック証券では、「トレードアイランド」というトレードイベントを提供していますの! トレードアイランドは、株式、先物オプション …

【GMOクリック証券が株式取引 『話題の株主優待ピックアップ』提供開始しましたわ!】

顧客満足度の高さに定評のあるGMOクリック証券。 GMOクリック証券では、2014年12月12日(金)より、株式取引の株主優待情報コンテンツ『話題の株主優待ピックアップ』の提供を開始しましたわ! 株主 …

【GMOクリック証券がサポートポータル格付けで三つ星を獲得しましたのよ!】

手数料の安さと使いやすい取引ツールで根強い人気のあるGMOインターネットグループのGMOクリック証券。 そんなGMOクリック証券は、HDI-Japan(ヘルプデスク協会)主催の「問合せ窓口格付け201 …

トップへ戻る