株長期投資が向いているパターン

Pocket

株式の長期投資といっても、ただやみくもに株式を長く持ち続けていればいいというわけではありません。銘柄や投資スタイルなどによって、長期投資に向いている場合と向いていない場合があります。どのようなパターンが長期投資に向いているのでしょうか。

長期投資成功のコツは成長性のある銘柄を見つけること!

長期投資に向いているのは、ローリスク・ローリターンな銘柄です。株式を売却する前に企業が倒産してしまっては元も子もありませんので、倒産リスクを最小限に抑えた選択をする必要があります。リスク軽減という観点で考えれば、値動きが激しい銘柄よりも動きが安定している大型株を選んだほうがいいでしょう。

株式投資においては、売却時に株価が上がっていればそれだけ資産が増えることになりますので、じわじわとでも長期的に株価が上昇することが見込める、成長性がある銘柄が長期投資に向いています。

短期投資に比べて長期投資の場合は、銘柄分析の中でも特にファンダメンタルズ分析を中心として投資を行う必要があります。その企業の業績や将来性などから成長性をチェックして、政策や経済成長率、潜在的成長率などと照らし合わせながら、今後伸びると思われる企業を選択して投資するのです。

長期投資とは1年から数年単位で考える投資

長期投資では、その投資スパンは文字通り「長期」、1年から数年単位で考えます。基本的には大型株の取引が多数を占めますが、その中でも出来高ランキングの上位銘柄や推奨銘柄など、流動性が高くいざというときに売りやすい銘柄や、景気に左右されにくいディフェンシブ銘柄、国策銘柄などが特に向いています。

そのほか、「業界をリードするような大企業」「利益率や自己資本比率が高い会社」「借入金が少ない会社」「グローバル展開している会社」など、財務指標を見て安定した財務内容の会社を選ぶことが基本です。

長期投資の醍醐味!株主優待や配当利回りも考慮すべし!

さらに、長期投資で注目したいのが、優待銘柄の保有で得られる株主優待や配当利回りです。短期投資ではその恩恵を受けることはあまりありませんが、長期投資の場合は重要なポイントの1つです。

資金に余裕ができて取引する株数が増えてくると、株主優待の内容がランクアップしたり、さまざまな優待を受けられるようになったりします。配当についても、株数が増えればそれだけ多くもらうことができ、うれしい臨時収入となります。配当利回りもしっかり確認しておくようにしましょう。

長期投資はパソコンの前に貼りついていられないビジネスパーソン向き!

投資スタイルの観点では、会社員のように別の仕事があって、投資のためだけにパソコンの画面をずっと見ていることができないような人にも長期投資は向いています。

短期投資の場合は、値動きに注目してタイミングよく売買注文を出さなければいけないため、仕事などでどうしてもパソコンを見ていられないときなどに困ってしまうことがあります。
しかし、長期投資の場合は、「成り行き注文」ではなく「指値注文」で株価を指定しておけば、株価が指定価格になった段階で自動的に注文が処理されます。その日に取引が成立しなくてもゆっくりと株価の変動を待つことができ、忙しくても関係なく取引が可能となるのです。

また、長期投資であれば、もし売買のタイミングを逃したとしても、後日また同じような株価になるまで待つという選択肢があります。ビジネスパーソンの場合、仕事が忙しくなりそうな時期はシビアなタイミング判断に対応することがさらに難しくなるでしょう。そうした場合は、長期投資に切り替えることを検討するのにいいタイミングだといえます。

長期投資の秘訣は「優良な株を見つけて長く持つこと」

株式の長期投資における成功者としては、有名な投資家のウォーレン・バフェットが代表的です。アメリカと日本の株式市場は動き方がまったく異なりますので、そのままの手法で日本でも成功するのは難しいのですが、共通しているのは「優良な銘柄を長く持つことが成功につながる」ということです。

その銘柄が持つ価値を正しく把握して、株価がその価値より割安になったと判断したときに買えば、あとはそこから株価が上昇していくのを待てば利益を得ることができます。
年平均騰落率をチェックして、マイナスが続いているようなときは、割安で購入できるチャンスとなります。それはリスク低減にもつながります。しっかりと調べて、売買のタイミングを見極めましょう。

【カテゴリ】長期投資方法

関連記事

株長期投資とは

株式の投資には、短期的なものと長期的なものがあります。短期的なものとしてはデイトレード(デイトレ)などが代表的ですが、長期的な投資とはどのようなものでしょうか。 長期投資の特徴とは?そのメリット、デメ …

株長期投資の具体的なやり方

株式の投資には短期投資と長期投資があります。短期投資のデイトレード(デイトレ)はよく知られていますが、投資で大きく儲ける人の多くは長期投資で利益を上げているのです。 では、長期投資はどのように始めれば …

トップへ戻る