stock station

初心者は証券会社選びから


これから株式投資を始めようと考えている人がまずするべきことは、取引を行う証券会社を選ぶことです。株式の取引は必ず証券会社を通さなければできないため、証券会社に口座を開設して取引をする必要があるのです。証券会社にはさまざまなところがあり、それぞれ違いがありますので、比較検討して取引する証券会社を決める必要があります。証券会社の違いとはどのような点なのでしょうか。

「店舗型の証券会社」と「ネット証券」、それぞれの特徴

証券会社は、大きく分けると2つあります。1つが「店舗型の証券会社」で、もう1つは「ネット証券」です。

店舗型の証券会社では、それぞれ担当者がつきます。お勧めの銘柄などがあれば電話などで連絡をくれたり、こちらがいろいろと調べなくても専門家のアドバイスを聞きながら取引を行うことができます。資金を預けておけば、実際に店舗に行かなくても代理で手続きをしてもらうことが可能です。

ネット証券の場合は、証券会社のサイトで自ら手続きを進めます。どの銘柄を買うか、どのタイミングで申し込むかなどをすべて自分で決めて実行する必要があるのです。

こう聞くと、店舗型の証券会社がいいように思えますが、店鋪型の証券会社の場合はネット証券に比べて、株式取引にかかる手数料が高額になります。手厚いサービスの分、費用がかかるともいえるでしょう。
そのため、ネット証券のほうが取引コストを抑えることができます。なかには、一定金額までの取引では手数料が無料となるような証券会社もあります。ある程度の知識があれば、ネット証券を利用したほうがいいでしょう。

とはいえ、最近では店舗型の証券会社でも取引手数料の安いネット取引ができるようになっていたり、ネット証券でもリアルの窓口を用意して顧客の相談を対面で受け付けるようになっていたりと、それぞれの垣根は低くなっています。

初心者にはサポート体制が整っている証券会社がおススメ!

株式投資の初心者にとって大切なのは、サポート体制が整っていることです。何かわからないことがあったときに質問できたり、セミナーやオンラインでの講座などが開催されるなど、投資に関するさまざまな知識を得ることができるような証券会社もあります。周囲に教えてくれる人がいない場合は、こうしたサポート体制が整っている証券会社を選びましょう。

証券会社のトレードツールの充実度で選ぶのもアリ!

実際に株式の売買を行う際には、トレードツールを利用することがほとんどです。トレードツールは、株式銘柄の値動きを示すチャートを表示したり、いくつかのチャートを比較する機能や、会社の情報、業界のニュースなどを表示する機能、調べた銘柄の取引をそのまま発注する機能など、さまざまな機能があります。株式の取引において最も重要なツールといえます。

このトレードツールは証券会社ごとに用意されており、使用方法や表示される情報量、使いやすさなどはそれぞれ異なります。そのため、トレードツールで証券会社を選ぶ人もいます。初めてトレードツールを使う人は、操作方法がわかりやすく必要な情報をきちんと得ることができるものを選ぶといいでしょう。

トレードツールの取引画面の例

【参照】楽天証券「iSPEED」取引画面(上)とチャート

投資したい銘柄を取扱っている証券会社であるかも要チェック!

証券会社によって、取り扱う銘柄は異なります。東京証券取引所で上場している企業の銘柄はどの証券会社でも取り扱っています。一方、名古屋証券取引所などで上場している企業の銘柄や外国企業の株式、投資信託などは、証券会社によっては取り扱っていない場合もあります。例えば、外国企業の株式を買いたいと思ったら、その銘柄を取り扱っている証券会社を選ぶ必要があるのです。

取り扱い銘柄の相違礼の表

自分の取引スタイルによって複数の証券会社に口座を作っておこう!

Androidアプリトレードツールの取引画面の例

【参照】SBI証券Androidアプリ「HYPER 株」

証券会社は1つだけに決めなければいけないというわけではありません。取引手数料は取引のたびにかかりますが、口座を開設しておくだけなら口座開設費も維持費も無料である証券会社も多いです。

口座を複数開設して、取引する内容によって証券会社を使い分けることも可能です。また、いくつかの証券会社に口座を開設して取引を試してから、使いやすかった証券会社に絞るということもできます。なかには、その会社のトレードツールを使いたいからと口座を開設している人もいるようです。

いろいろと試してみて、自分に合う証券会社を探しましょう。

【カテゴリ】証券会社の選び方

関連記事

証券口座開設の方法

株式の取引を始めるためには、証券会社に口座を開設する必要があります。口座の開設はどのように行うのでしょうか。申し込みの際に困ることはどのようなことでしょうか。証券口座を開設するための手順を確認しましょ …

証券会社によって手数料は違う

株式取引における証券会社選びのポイントの1つに、「取引手数料」があります。基本的に、取引手数料は店舗型の証券会社よりもネット証券のほうが安いのですが、同じネット証券でもその金額は証券会社によって大きく …

NISA口座も証券会社がいいの?

株式の取引をするには、証券会社で証券口座を開設する必要があります。しかし、「NISA口座」は証券会社だけでなく、銀行などの金融機関でも開設することができます。「それならいつも使っている銀行で開設しよう …

会社員にお勧めの証券会社

ネット証券の普及によって、個人が投資を始める間口も広くなり、会社員でも気軽に株式投資ができるようになりました。しかし、いくら手軽にできるようになったとはいえ、大きな動きがないかどうか、損害につながるよ …

トップへ戻る