金持ち父さん貧乏父さんの違い

Pocket

世の中には、似たような境遇で育ったり仕事をしたりしていても、そこから資産を増やしていく人もいれば、そうではない人もいます。そうした違いは、どこに分かれ目があるのでしょうか。

金持ちになる人と貧乏な人はお金に対する考え方が正反対!

まず、お金に対する考え方の違いがあります。

金持ちになる人は、「お金がないことは悪いことだ」と考えています。もし、ほしいものを買えないことがあっても、諦めずに、どうしたらそれを買うお金を作り出せるかを考えます。それに対して貧乏な人は、「お金に執着することは悪いことだ」と考え、ほしいものが買えないときはきっぱりと諦めてしまいます。

「お金がほしい」と考え続けている人が金持ちとなり、お金がないことをそのまま受け入れて諦めてしまう人は貧乏になるといえます。

貧乏父さんはお金のために働き、金持ち父さんはお金を働かす

金持ち父さんと貧乏父さんには、仕事に関する考え方にも違いがあります。

貧乏父さんは、毎日お金のために働きます。日々同じように会社に通い、いつか給料が上がることや、仕事量を増やすことを漠然と考えながら働いています。
それに対して金持ち父さんは、どうしたらお金を稼げるか、具体的な手段を常に考えます。自分のためにお金を働かせて、お金を得る方法を勉強し続けます。

思考を停止せず、より多くのことを学び続けて、自分でできることを模索し続けることが、金持ち父さんになるには大切です。

持ち家のことを貧乏父さんは「資産」、金持ち父さんは「負債」と考える

資産と負債についての考え方にも違いがあります。

貧乏父さんは、持ち家を「資産」として考えますが、金持ち父さん持ち家を「負債」として考えます。金持ち父さんにとっては、資産とは収入を生み出すものを指しますが、持ち家は収入を生み出さず年々その価値を落としていくため、負債として考えるのです。

お金の流れを読むことができる金持ちは、収入を生み出すという意味での「資産」にお金を投じ、それができない貧乏な人は「負債」を買い続けることになってしまうといえます。

貧乏父さんは「仕事」をして、金持ち父さんは「ビジネス」を持ってお金を得る

仕事とビジネスの違いを知ることも大事です。

貧乏父さん「仕事」をして収入を得ますが、金持ち父さん「ビジネス」をもつことでお金を手に入れます。この場合、「ビジネスは資産となるもの」であり、たとえその場にいなくてもお金が稼げるものです。

ここでいう「ビジネス」として手軽にできるものを挙げると、アフィリエイトやネットビジネス、システム使用料、そして投資があります。本業の合間にできるビジネスもあり、さまざまな方法でお金を稼ぐことができます。いきなり会社を辞めて起業するのではなく、まずは今の仕事を続けながら自分のビジネスを育てることを考えましょう。

投資は貧乏父さんには敬遠すべきもの、金持ち父さんには借金をしてでもすべきもの

貧乏父さんは、「投資をするには資金がなく、不確実だ」と敬遠してしまいます。そうして貯金をするのですが、その貯金も突発的な出費や大きなお金の動きがあるたびに目減りしてしまい、全然貯まりません。その結果、「貧乏父さん」のまま変わることができません。

それに対して金持ち父さんは、「たとえ借金をしてでも投資をするべきだ」と考えます。もちろん、ただむやみに投資をしても損をするだけですので、投資をする前に経済についてしっかり勉強し、自分なりの投資対象を見つけてから資金を投じることで、大きく資産を増やすのです。

そのように投資するためには、ほかの人が見過ごすようなチャンスを見つける技術や、資金を集める技術などが必要となります。こうした技術はそう簡単には身につきませんが、頑張って習得すれば大きなリターンをもたらしてくれるはずです。

貧乏父さんはお金のために、金持ち父さんは学ぶために働く

働く姿勢にも違いがあります。貧乏父さんお金のために働きますが、金持ち父さんはお金のためではなく学ぶために働きます。将来お金持ちになりたいと思う金持ち父さんは、最初はたとえ給料が安かったとしても、長い目で見て資産を得るために必要な知恵を学べるような仕事を選ぶのです。

やみくもにさまざまな仕事を経験するのではなく、明確な目的をもって学びながら仕事をしていくことが将来につながっていくのです。

金持ち父さん貧乏父さんまとめ

金持ち父さんと貧乏父さんにはこうした違いがあります。とはいえ、これはあくまで一例にすぎず、なかには貧乏父さんのような考え方をしながらお金持ちになった人もいるでしょう。

こうした考え方もあるということを踏まえたうえで、自分に合ったやり方を見つけましょう。

【カテゴリ】株攻略法

関連記事

ファンダメンタルズ分析とテクニカルチャート分析両方が重要

株式投資において、投資対象とする銘柄を選ぶ際には、銘柄分析がとても重要です。分析の手法として「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがよく知られています。これらの手法はどのように異なり、ど …

資産運用は株式投資が一番

資産の運用方法はさまざまです。不動産に投資する人もいれば、先物取引に取り組む人もいて、FXを始めようという人もいます。しかし、以前から根強くいわれるのは、「資産運用には株式投資が一番だ」ということです …

株ファンダメンタルズ分析実践方法

ファンダメンタルズ分析について、実際にどのように行えばいいのかわからないという人も多いようです。ファンダメンタルズ分析を実践するには、どうしたらいいのでしょうか。 混乱しないで!「企業価値」と「時価総 …

株ファンダメンタルズ分析とは

株式投資で勝つためには、銘柄分析が大切です。その分析方法には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」がありますが、それぞれどう違うのでしょうか。 ファンダメンタルズ分析とは?短期投資向き?それと …

会社四季報で銘柄選び

いざ株式投資を始めようと思ったときにまず悩むのが、「どの銘柄の株を買ったらいいか」ということです。さまざまな銘柄があるなかで、何を基準に選んだらいいのかわからない、有名な企業の株を買っておけばいいのだ …

トップへ戻る