株ファンダメンタルズ分析とは

Pocket

株式投資で勝つためには、銘柄分析が大切です。その分析方法には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」がありますが、それぞれどう違うのでしょうか。

ファンダメンタルズ分析とは?短期投資向き?それとも長期投資向き?

テクニカル分析は、チャートをもとにして、過去の株価水準や株価の推移などから今後の株価を分析します。それに対して、ファンダメンタルズ分析では、企業の財務諸表などをもとにして買い時・売り時を分析していきます。

株式は会社の一部であり、会社の権利を細かく分けたものが株式といえますので、ファンダメンタルズ分析は株式投資を行うにあたっての重要な判断要素となります。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

投資のスタイルにかかわらず、ファンダメンタルズ分析は必要!

一般的に、デイトレード(デイトレ)などの短期投資を行う個人投資家はテクニカル分析派が多く、長期投資を行う個人投資家はファンダメンタルズ分析派が多い傾向があります。

しかし、ファンダメンタルズ分析は、大型株でも小型株でも必要な分析手段といえます。小型株は値動きの大きいものが多いので短期投資向きといわれますが、その分、倒産リスクの懸念がつきまといます。そこで、投資の前にファンダメンタルズ分析を行って企業価値を知ることで、倒産リスクや不祥事などによる株価暴落リスクの少ない投資を選ぶことができます。

短期投資にしても長期投資にしても、適切な分析を行うことでリスクを減らすことができれば、立ち回りに余裕ができます。

「PBR」とは?1だと釣り合っているってどういうこと?

ファンダメンタルズ分析で重視する指標として、「PBR(株価純資産倍率)」「PER(株価収益率)」「自己資本比率」といったものがあります。

PBR(株価純資産倍率)は、会社の純資産と株式の時価総額との比率を表している指標で、その比率が1倍であれば両方が釣り合っていることになります。ただし、1倍であれば株価が適正価格というわけではありません。

PBRの計算式

帳簿上、純資産はそのまま「企業の解散価値」と呼ばれ、それに技術力やノウハウ、成長力などを加えたものが「企業価値」となります。PBRが1倍未満の企業は、株価は割安の状態だといえます。しかし、企業価値が純資産をある程度上回っている状態であれば、計算上は割安価格になっている状態といえることになります。どうして割安価格になっているのか、株価が価値よりも低い理由については見極めが必要です。

銘柄によっては、PBRが1倍でも底値とみなされるものもあります。そういった銘柄では、株価が反転するタイミングになることもあります。また、そういった銘柄のPBRが1倍を下回ったときは、株式が必要以上に売られすぎている可能性もあり、買い時と判断できる場合もあります。

今後、大きな経済危機などが発生して不景気になると予想されることがあれば、景気が後退して純資産や不動産などの資産価値は下落するでしょう。そうなると、PBRが役に立たなくなります。その場合は、別の指標を参考にしましょう。

「PER」とは?15が平均?それより低いとどうなるの?

PBRと並んでメジャーな指標として、PER(株価収益率)というものがあります。株価を1株当たりの純利益で割ったもので、実績PERではなく予想PERを用います。

PERの計算に用いられる純利益とは、「営業利益」から「銀行などからの借入金に対する利息などの営業外費用」を引いた「経常利益」から、さらに「法人税」を支払って残った利益です。純利益は、会社の利益のうち株主に還元されるものになります。法人税はおおよそ35%ですので、純利益は経常利益の訳65%と計算できます。そのため、予想純利益がそれに近い金額に収まるようであれば、予想PERを算出できます。

PERの計算式

この予想PERが平均よりも低ければ、その銘柄は割安といえます。市場全体ではPER15倍が平均で、機関投資家などはこの「15倍」を基準として割安銘柄か割高銘柄かを判断しています。これにならえば、PERが15倍未満の場合は、基本的に「その企業が今後稼ぐであろう純利益に対して、株価が割安の銘柄である」と判断できます。

しかし、この平均は業種によって異なり、割安かどうかの判断には業種平均も考慮する必要があります。例えば、銀行のPERは平均9倍ですので、15倍未満でも一概に割安とはいえません。

一方、将来性を見込むことができるとされる成長株の場合は、PERが15倍以上となることが多いです。これは一見すると割高に思えますが、その判断には成長率の計算も含める必要があります。

例えば、PER18倍の銘柄があったとします。その会社の経常利益が毎年30%程度成長していれば、3年間の成長率=15×1.3×1.3×1.3≒33となり、予想PERは33倍が妥当という計算になります。したがって、PER18倍でも割安といえるのです。

このように、PERを使って割安な銘柄かどうかを判断していきます。PERを使って判断した結果、考えられる投資の選択肢としては、大きく分けて「割安な銘柄への投資」と「今後の成長が見込まれる銘柄への投資」があります。

安定した業績の銘柄が割安であれば、急成長はしなくても毎年順調に売り上げや経常利益を伸ばし、堅実な利益を見込むことができるでしょう。成長株への投資は、多少割高であっても、将来の大きな成長で大きな利益を上げることを期待する投資です。

ファンダメンタルズ分析で大切なのは自己資本比率

ファンダメンタルズ分析において、自己資本比率は非常に重要です。自己資本比率が高いほど潰れにくい企業といえます。自己資本比率が低い企業は、返済しなければならない負債が多く、借入先の意向に左右されやすい傾向がありますので、会社の独立性という観点でも不安があります。

一般的に、自己資本比率は40%以上あれば潰れにくく、50%以上あれば優良企業といえます。70%以上あれば理想的ですが、多くの企業は20%から40%です。黒字企業の自己資本比率は25%程度で、赤字企業の場合は極めて小さく、マイナスになることもあります。

ただし、自己資本比率もやはり業種によって異なります。例えば、製造業の場合は工場や機械などの設備が必要で、その設備投資のために負債を抱えていることが多いので、自己資本比率は平均的に低くなります。

自己資本比率の計算式

自己資本比率の分析は、小型株の場合ほど重要となります。小型株のなかには慢性的な赤字状態で自転車操業を余儀なくされているような企業もあり、そうした企業は倒産リスクも高いと判断できます。その状態が末期的なものか、それとも立て直しが可能かの判断基準の1つとなるのが自己資本比率です。

自己資本比率は、高ければいいというわけではありません。自己資本比率が高いということは、裏を返せば、大きな投資をしていないと見ることもできます。つまり、大きな事業展開をせず発展性に欠ける企業とみることもできるのです。そういう企業であれば、急成長する可能性は低いと判断できるでしょう。

「PGFR」は要チェック!数値が低いと株価が割安ということ!

「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」という指標も、ファンダメンタルズ分析に用いられます。

「キャッシュフロー」とは現金の流れであり、財務諸表の1つである「キャッシュフロー計算書」を参考に、株価の時価総額をキャッシュフローで割ったものがPCFRです。PERと似ており、同じく数値が低いほうが株価が割安な銘柄であると判断されます。

キャッシュフローを分類すると、以下の3つの種類があります。

  • 営業活動で得たお金を指す「営業キャッシュフロー」
  • 設備投資で使ったお金を指す「投資キャッシュフロー」
  • 営業活動や投資活動を維持するために調達したお金や返済したお金を指す「財務キャッシュフロー」

PCFRの計算式

営業キャッシュフローはプラス、投資キャッシュフローはマイナスがいいとされています。財務キャッシュフローは、状況によってプラスでもマイナスでもいいとされています。財務キャッシュフローによって、会社が無駄遣いをしていないか、株主へどの程度分配しているかということも判断できます。キャッシュフローはこうした現金の流れを見るものです。

3つのキャッシュフローの性質や違い

PCFRは、多くの場合は補助的に使われ、PERと併用することで効果的に利用できます。先に説明したように、PERは予想値を用いることも多いのですが、PCFRはキャッシュフローが実績値しかないため、必然的に実績値のみとなります。

その他にもあるファンダメンタルズ分析

このほかにもいくつかの指標があります。ファンダメンタルズ分析では、企業業績や財務指標をもとにこうした指標を組み合わせて投資対象とする銘柄を選定します。

指標自体も、その構成要素や計算も多くて最初はとまどうかもしれません。慣れるまでは、例えば、

  • 株価の割安度合いを見る場合……PBRやPER、PCFRをチェック
  • 企業の成長性を見る場合……株主資本比率を表すROEをチェック
  • 安全性を見る場合……1株当たりの資産を示すBPSや自己資本比率をチェック

などのように、まずは重視する指標を見て銘柄を絞り込み、それから残りの指標をチェックしていくといいでしょう。

【カテゴリ】株攻略法

関連記事

会社四季報で銘柄選び

いざ株式投資を始めようと思ったときにまず悩むのが、「どの銘柄の株を買ったらいいか」ということです。さまざまな銘柄があるなかで、何を基準に選んだらいいのかわからない、有名な企業の株を買っておけばいいのだ …

株ファンダメンタルズ分析実践方法

ファンダメンタルズ分析について、実際にどのように行えばいいのかわからないという人も多いようです。ファンダメンタルズ分析を実践するには、どうしたらいいのでしょうか。 混乱しないで!「企業価値」と「時価総 …

ファンダメンタルズ分析とテクニカルチャート分析両方が重要

株式投資において、投資対象とする銘柄を選ぶ際には、銘柄分析がとても重要です。分析の手法として「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがよく知られています。これらの手法はどのように異なり、ど …

金持ち父さん貧乏父さんの違い

世の中には、似たような境遇で育ったり仕事をしたりしていても、そこから資産を増やしていく人もいれば、そうではない人もいます。そうした違いは、どこに分かれ目があるのでしょうか。 金持ちになる人と貧乏な人は …

トップへ戻る