ファンダメンタルズ分析とテクニカルチャート分析両方が重要

Pocket

株式投資において、投資対象とする銘柄を選ぶ際には、銘柄分析がとても重要です。分析の手法として「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがよく知られています。これらの手法はどのように異なり、どちらの分析手法が重要なのでしょうか。

短期投資に向いているのはテクニカル分析って本当?

一般的に、テクニカル分析は短期投資ファンダメンタルズ分析は長期投資に向いているといわれ、相対関係にあると考える人もいます。

テクニカル分析では、株価チャートをもとにして株価の上昇トレンド、下落トレンドの転換点などを分析するため、売買のタイミングを計るのに重要とされることから、短期投資向きといわれるようになりました。

一方、ファンダメンタルズ分析は、企業業績やキャッシュフロー計算書など財務諸表を参照して企業価値を測り、株価の割安度合いや企業の成長性を分析するため、長期投資向きといわれています。

しかし、実際には、短期投資の場合も長期投資の場合も、両方の分析手法が重要なのです。投資経験が豊富なファンドマネージャーがいる投資信託では、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のどちらも実施して投資対象を決定します。その結果、投資のリターンも得やすくなります。多くのファンドは、こうした分析力を向上させることで安定した利益を得ているのです。個人投資家であっても売買する株式は同じですから、同じように分析力を上げていけばそれだけ利益を得やすくなるといえます。

ずっと勝ち組でいたいなら!短期投資でもファンダメンタルズ分析は大切!

「短期投資にはファンダメンタルズ分析は不要」と考える人が多いのは、短期投資が企業の良し悪しよりも株価の値幅から利益を得る手法であるために、細かい財務状態などは考慮する必要がないと思われることが多いためです。

しかし、ファンダメンタルズ分析は、企業の全般的な状況を分析することです。短期投資においてもファンダメンタルズ分析を行い、財務状況がしっかりしている銘柄を対象に投資を行えば、企業の赤字決算や業績悪化、倒産などによって保有株価が暴落するリスクを減らすことができるのです。

「短期投資の場合、株式の保有はわずかな期間だから、そんなことはめったに起こらない」と思う人もいるでしょうが、いつ起こるともわからないからリスクなのであり、万一そのタイミングにあたってしまえば一瞬でかなりの損害を被ることにもなりかねません。

対して、ファンダメンタルズ分析で優良と判断された銘柄は悪影響が出にくく、ときには好評価となるニュースが発表されることもあるでしょう。そうなれば、株価が上昇する可能性も高くなります。たとえ株価が下落したとしても、そうした企業であれば底値は固く、大きな損失を被るリスクは低いといえます。

投資を行うにはリスク対策も大切です。リスク回避のためにも、ファンダメンタルズ分析をしっかりと行いましょう。

タイミングよい売買のために!長期投資専門でもテクニカル分析は大切!

長期投資におけるテクニカル分析の有用性としては、まず、株価の動きを見ることで購入する株価を決められることが挙げられます。
長期投資の場合は、株価の動きにそれほどこだわらず、指値で自分が希望する株価になったときに購入することがほとんどですが、その方法ではなかなか購入できないこともあります。

例えば、1000円の株を800円で購入したいと指値注文を出していても、その価格になるまでにはかなりの時間がかかったり、もしかしたら下がらないかもしれません。そこで、テクニカル分析を行うことで、無理のない株価での指値注文を行うことができます。

次に、日経平均株価を長期的に見たテクニカル分析を行うことで、マクロ経済的な観点から経済成長率や経済指標を見ることができ、株式市場の基礎的要因となる市場全体のトレンドを測ることもできます。

インデックス投信などでは、日経平均株価に連動した投資運用を行うため、市場が上昇トレンドのときは投資リターンを得やすくなりますが、下落トレンドに転じればリターンが減ってしまうことになります。そこで、テクニカル分析からトレンドを見極めることができれば、投資対象とするかどうかを決めるのにも役立ちます。

また、日経平均株価とは別に、各銘柄の値動きには長期的なトレンドがあることも多いです。企業や業種の性質や環境要因から、例えば、数年間徐々に株価が上昇し、また数年間徐々に下落していくといったこともあります。そのような長期の株価変動を知ることも、長期投資には重要です。

そして、株価の天井圏、底値圏を測ることも可能で、そこから底値圏にある銘柄を探すこともできます。テクニカル分析で用いる指標の1つに「ボリンジャーバンド」というものがあります。これはランダムウォーク理論と数学的力を用いて、将来的な株価変動に対して正規分布を導入し、値動きの予測範囲を推計することができるもので、ここから底値圏にある銘柄を探るというわけです。長期的な投資運用の際は必ず参考にするべきでしょう。

勝ち続けるために!両方の分析を利用して分析を補完しよう!

テクニカル分析には“だまし”などもあり、投資家心理としては正確性に欠けると考える人もいますが、ファンダメンタルズ分析と合わせて利用することで正確性を上げることができます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は、どちらか一方しか使ってはいけないわけではありません。それぞれ分析する面が異なりますので、両方をバランスよく使えば分析を補完できることになり、より良い投資を行うことができます。長期投資だから、短期投資だからと決めつけることなく、必要に応じてどちらの分析手法も使えるようにしておきましょう。

【カテゴリ】株攻略法

関連記事

金持ち父さん貧乏父さんの違い

世の中には、似たような境遇で育ったり仕事をしたりしていても、そこから資産を増やしていく人もいれば、そうではない人もいます。そうした違いは、どこに分かれ目があるのでしょうか。 金持ちになる人と貧乏な人は …

株ファンダメンタルズ分析実践方法

ファンダメンタルズ分析について、実際にどのように行えばいいのかわからないという人も多いようです。ファンダメンタルズ分析を実践するには、どうしたらいいのでしょうか。 混乱しないで!「企業価値」と「時価総 …

会社四季報で銘柄選び

いざ株式投資を始めようと思ったときにまず悩むのが、「どの銘柄の株を買ったらいいか」ということです。さまざまな銘柄があるなかで、何を基準に選んだらいいのかわからない、有名な企業の株を買っておけばいいのだ …

株ファンダメンタルズ分析とは

株式投資で勝つためには、銘柄分析が大切です。その分析方法には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」がありますが、それぞれどう違うのでしょうか。 ファンダメンタルズ分析とは?短期投資向き?それと …

トップへ戻る