信用取引とは

Pocket

株式の取引には、「現物取引」「信用取引」の2つがあります。「現物取引」は、購入資金を使って株式を購入し、その株式を売却することで売却益を得る取引方法のことで、最も一般的な取引方法です。それでは、「信用取引」とはどういう取引なのでしょうか。

信用取引とは?「レバレッジ」とは何?

信用取引は、自分の保有する資金や株式などを担保として、証券会社からお金や株券を借りて取引を行う形態です。

信用取引では、担保としたお金や株券の3倍の金額まで取引が可能で、例えば100万円分の担保を預けていれば300万円分の取引が可能となります。この仕組みを「レバレッジ」といい、信用取引では最大でレバレッジ3倍までの取引ができるということになります。

信用取引(レバレッジ)の仕組みや扱う金額

信用取引は便利なように思えますが、金利がかかる点には注意が必要です。信用取引で株式を購入する際は、証券会社から購入資金を借りて取引を行うことになるため、借りている資金に対しては金利が発生します。いわば“借金”ですから、返済期日もあり、期日になったらたとえ損失になっても保有株式を清算しなくてはいけません。金利や返済期日は証券会社によって定められていますので、事前に確認しておきましょう。

例えば、信用取引で、50万円の担保で150万円分の株式を購入したとします。返済期日の時点でその株価が130万円まで下落した場合は、売却した金額130万円に加え、担保から20万円と金利を支払うことになるのです。

また、信用取引では担保が必要ですが、現在預けている担保では不足すると判断された場合は、追加の担保となる「追証」を求められる場合もあります。追証の要求に応じることができなければ、保有している株式を自動で売却されてしまうこともあります。

「制度信用取引」と「一般信用取引」の違いとは?

信用取引は、どの銘柄でも可能というわけではありません。信用取引には「制度信用取引」「一般信用取引」の2種類があり、それぞれで取引可能な銘柄や返済期限が異なります。

制度信用取引は、証券取引所が定めた銘柄のみで行うことができる信用取引です。信用取引のために株式や資金の貸し出しを専門に行う「証券金融会社」から証券会社が株式や資金を借り入れ、それを投資家に貸し出す仕組みです。返済期限は売買のどちらでも6か月、金利も一律で定められています。

一般信用取引は、各証券会社が独自に設定する取引で、対象銘柄も各証券会社が決めます。信用買いに関してはほとんどどの銘柄が対象となることが多いですが、信用売りは対象銘柄がかなり絞られます。返済期限も各証券会社が決定しており、3年や無期限など、制度信用取引に比べて長い期間であることが一般的です。金利は制度信用取引と同じか若干高めです。

信用取引では株をまず売ってから買い戻して利益を出せる!

現物取引では、株式を購入した金額より高い値で売ることで差額が収益となりますので、購入時よりも株価が下落すれば損失になります。しかし、信用取引の場合は、株券を借りて取引することができますので、借りた株を一旦売却して、株価が下落してから買い戻すことで、株価が下落した場合でも利益を得ることができます。

例えば、額面50万円の株券を借りて50万円で売却したとします。その後、その銘柄の株価が45万円に下落したときにその株券を45万円で購入して証券会社に返却すれば、5万円の利益を得ることができるのです。

この方法を「空売り」といいます。空売りは信用取引でしか行うことができず、取引可能な銘柄はごく一部ですが、株価が下落しているときでも利益を得られる貴重な取引方法です。空売りは証券会社から株式を借りて売却しますが、こちらも金利と同様に「貸株料」を証券会社に支払う必要があります。

また、借りたいと思う株式の発行数が少なく、証券会社にない場合は、株式を保有している人から証券会社が借りて、それを貸し付けてもらうという方法があります。この場合は、さらに「逆日歩」という追加の費用が発生します。

なお、反対に、自分が保有している株を証券会社が借りる場合は、「日歩」という貸株料を得ることになります。

信用取引に必要な費用

信用取引はメリットも多い取引方法ですが、リスクも大きく、自己資金以上の損失を被る可能性もあります。できれば株式投資に慣れてから、リスク管理をしっかり行いながら行うのが望ましいでしょう。

【カテゴリ】株の用語集

関連記事

特定口座とは

株式取引を行うためには、証券会社に口座を開設する必要があります。銀行口座にも普通預金口座や定期預金口座、当座預金口座、貯蓄預金口座とさまざまな種類があるように、証券口座にも3種類あるのです。証券口座の …

配当金とは

株式の取引とは、基本的には「株価が安いときに買って、高くなったときに売る」ことで、その差額を利益として受け取ることです。それに加えて、「配当金」というかたちで利益を得ることもできます。配当金とはどうい …

ネット証券とは

近年は、ネット証券を使って株式取引を行っているという話をよく聞くようになりました。しかし、ネット証券とは何のこと? と思っている人も、実は少なくないようです。 実際のところ、ネット証券とはどういう証券 …

トップへ戻る