ネット証券とは

Pocket

近年は、ネット証券を使って株式取引を行っているという話をよく聞くようになりました。しかし、ネット証券とは何のこと? と思っている人も、実は少なくないようです。

実際のところ、ネット証券とはどういう証券会社なの?

一般の、実店舗を持つような証券会社に対して、ネット専業で店舗がない証券会社や、相談窓口はあっても取引はインターネットを介して行う証券会社のことを「ネット証券」といいます。

以前は、株式の取引は証券会社の窓口で行われており、一般の人、特に初心者が気軽に投資するという雰囲気ではありませんでした。その取引の手続きを、パソコンや携帯電話を介してインターネットで行えるようになったのがネット証券です。

インターネットで取引できるサービスは、ネット証券が提供するもののほかに、昔ながらの証券会社がインターネットでも窓口でも取引の手続きをできるようにしたサービスもあります。このように、インターネットで取引できるようになったことで、投資を始めるハードルが格段に下がりました。

ネット証券の特徴とは?魅力とは?

ネット証券の最も大きな特徴は、その手軽さです。従来であれば、証券会社に行くか電話をかけるかといった手段で、証券会社の担当者を通さなければ株式の売買をすることはできませんでした。それが今は、パソコンやスマートフォンを介して、ネットで簡単に済ませることができます。

なかなか店舗に行くことができない人でもちょっとした時間で取引を行うことが可能となり、ビジネスパーソンでも安心して利用できます。ネット上での注文は24時間可能ですので、仕事が終わって自宅に帰ってからでも注文できます。時間に縛られない手軽さもあるというわけです。

従来の、店舗型の証券会社では、顧客に担当者がついて相談に乗ってくれたり、プロの目から見たお勧めの銘柄を紹介してくれることがあります。初心者などの場合はそうしたアドバイスがありがたいですが、なかにはそれが煩わしいと感じる人もいます。
そのようなサービスを求めない人にとっては、そうした煩わしさがなく、好きな時間に自分のペースで銘柄を選んで売買を完結できるネット証券の手軽さは魅力的です。

ネット証券は手数料が安いのが魅力!その安い理由とは?

ネット証券のもう1つの特徴としては、手数料の安さが挙げられます。ネット証券は店舗がほとんどないため、店舗型の証券会社に比べて、維持費や人件費といったコストがかなり抑えられています。その分が売買手数料に反映されて安くなっているのです。

例えば、店舗型の証券会社で50万円分の株を売買する場合、かかる手数料は5000円から8000円ほどですが、ネット証券では300円くらいからの手数料で売買が可能です。手数料が安ければその分取引コストが抑えられ、利益を上げるハードルがより低くなります。

特に、短期的に売買を繰り返すデイトレードなどを行う際は、手数料の安さが利益額に大きく影響します。取引を行うための手続きの手間や手数料の大きさから考えると、店舗型の証券会社ではデイトレードはほぼ不可能といえるでしょう。デイトレードを行うのであれば、ネット証券を選択することになります。

ネット証券は利用してみてから決めるというのもアリ!

先に説明したように、ネット証券では証券会社の担当者を通すことなく取引をするため、投資に必要な情報なども自分で集める必要があります。担当者がつく店舗型の証券会社では、プロの分析をもとにしたアドバイスをもらうことができますが、ネット証券ではアナライズレポートなどを自分で読み、その内容も自分で判断しなくてはいけません。

取引の手続きもサイトから自分の操作で行うため、操作ミスなどにも注意が必要です。もしミスがあれば、その責任、ミスによる損害は自分に降りかかってくるため、「万が一」がないようにしなくてはいけません。

ネット証券では、口座開設や維持に関してはほとんどが無料です。どのネット証券を利用しようかと悩んだ場合は、とりあえず口座を作ってみても損はしません。店鋪型の証券会社のように担当者がいないため、利用しなくなっても連絡がくることはほとんどなく、煩わしいこともありません。

証券会社によって、見ることができる情報やトレードツールなどの使い勝手もそれぞれ異なります。気になったところがあれば、まず口座を作って試してみて、それからメインとするネット証券を決めても問題はないのです。
ネット証券は、現在の個人投資家にとっては株式取引の主流ともいえます。手数料が安く、自分のペースで利用できるネット証券を活用して、投資を成功させましょう。

【カテゴリ】株の用語集

関連記事

特定口座とは

株式取引を行うためには、証券会社に口座を開設する必要があります。銀行口座にも普通預金口座や定期預金口座、当座預金口座、貯蓄預金口座とさまざまな種類があるように、証券口座にも3種類あるのです。証券口座の …

信用取引とは

株式の取引には、「現物取引」と「信用取引」の2つがあります。「現物取引」は、購入資金を使って株式を購入し、その株式を売却することで売却益を得る取引方法のことで、最も一般的な取引方法です。それでは、「信 …

配当金とは

株式の取引とは、基本的には「株価が安いときに買って、高くなったときに売る」ことで、その差額を利益として受け取ることです。それに加えて、「配当金」というかたちで利益を得ることもできます。配当金とはどうい …

トップへ戻る