stock station

爆買い効果で売上更新なのじゃ


花王(4452)は中国観光客の爆買いにより「メリーズ」の売り上げが伸び、2015年1月~6月期の連結営業利益が過去最高となったのじゃ。確かにドラッグストアに行くたび、紙おむつの中でもメリーズのコーナーには空き棚があったのう。それに注意書きにも日本語のほか、中国語が書かれておったのじゃ。

しかし花王はメリーズの売れ行きが好調なことにあぐらをかかず、紙おむつの売り上げが落ちた先のことを考えておるのじゃ。それが化粧品なのじゃ。しかし、基幹ブランドであるソフィーナに力を入れておるものの資生堂(4911)やコーセー(4922)といった化粧品大手と製品としてうまく差別化が図れず、なかなか苦戦しておる様じゃ。

かつてソフィーナは化粧品の効能を前面に打ち出し、独自色をもって資生堂やカネボウがシェアを大きく持っていた化粧品市場に切り込んで、一時は業界シェアトップを誇ったほどなのじゃ。じゃが今は一時の勢いがなくなり、富士フィルムホールディングス(4901)などが新規に独自技術を用いた化粧品で化粧品業界に参入してきており、シェア争いが激化しておるのじゃ。化粧品は粗利益率が高いため、不調は全体の業績にも影を落としてしまうのじゃ。連結営業利益が過去最高とは言っても、売上高粗利益率は前年より若干ではあるが落ちてしまっているのじゃ。花王では今後の新商品と経営戦略の改革などを近々発表する予定なのじゃ。しっかり聞かねばならんの。

訪日外国人客には資生堂やコーセーの化粧品が人気で、どちらも前年比で売上高が大幅に上がっているのじゃ。資生堂ではクレ・ド・ポーボーデ、コーセーでは雪肌精といった独自色の強い化粧品が特に人気なのじゃ。

紙おむつにせよ化粧品にせよ、現在の爆買い効果がいつまで続くかはわからないのじゃ。現在中国経済において株式市場など不安定な様子も見られ、いつ景気が悪化しても不思議はないのじゃ。そのため、国内需要をしっかり固めるとともに中国以外への需要も増やしていくなど各社様々な形で変化していくと思われるのじゃ。

【カテゴリ】其之六 株にまつわるあれこれ

投稿日:

関連記事

【PERが高いのは、良くないのでござるか??】

今まで低PERがお薦めということについて買いてきたのでござるが、では、高PERはダメなのじゃろうか? 実は、PERが高いものでも、投資すべき銘柄はあるのでござる。 例えば、高成長が見込める銘柄について …

【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。 □買いシグナル□ ●「%R」が上限ライ …

【バランスシート、純利益、配当金の推移に注目でござるぞ!】

今回はある会社のデータを見て、判断するのでござるぞ。 この会社はPBR0.5倍と、割安なのでござる。なお、この会社は銀行等の金融業ではないのじゃぞ。 この会社の財務諸表でござるが、資産は500億円、負 …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

【量的金融緩和によって銀行の預貸率はどうなったのじゃろうか?】

前回書いたとおり、アベノミクスによって行われた、一連の黒田バズーカ(量的金融緩和)は、金融機関側の貸し出しへの誘因を高めつつ、名目・実質両金利の低下を通じて借り手側の資金需要を増やそうとしているという …

トップへ戻る