stock station

ミニ株ってなんじゃ?


 先に『単元株数』の話をしたのだが、中には『ミニ株(会社によっては呼び方が異なる)』という少額で株を買う方法もあるのじゃ。
 一部の証券会社で扱われ、単元株数の10分の1の株数で売買するものである。
例えば株価1500円・単元株数100株の会社の株を、株価1500円・10株の15,000円で買うことができるのでござる。お手頃な予算でスタートし、配当金も受けることが出来るのじゃ。
 だが、一般的に議決権がなく原則的に株主優待が受けられないことや、売買にかかる手数料が高めなどのデメリットもあるのじゃ。
 また買うのにあたっては注文した翌日に最初に付いた値段で買うことになるので注文時点では値段が不明な点もデメリットとなるのでござる。
 スタンダードな投資を始めるには単元株数での投資を始めるのが良いでござる。

【カテゴリ】其之三 株を始めるには?

投稿日:

関連記事

株式投資をする期間はどうやって決まる?

株式投資は始まり(買う)と終わり(売る)を自由に決めることができるのじゃ。  数年後の値上がりを狙って保有する中長期投資もあれば、デイトレードのようにその日で売買を終わらせることもできるぞ。 数年後は …

預金を崩しても株式投資を行うべきなのであろうか?

「預金はキープ、余裕資金で投資を行う」 必要なお金は確保した上で、日常に支障をきたさない程度でお金を使うのじゃ。生活費は普通預金として使い、冠婚葬祭や怪我、病気などのいざという時に使うお金も普通預金と …

どんな取引があるのじゃ?

デイトレード(その日)スイングトレード(2~数週間)長期投資(数年)などさまざまな取引スタイルがあるぞ。 どのようなスタイルが自分に合っているかは、やりながらじっくり考えるのがよかろう。

株式投資に必要な額はいくらなのか?

 株は一定の単位で買い、会社ごとに100株・1000株単位などと決まっておる。この単位を『単元株数』と呼びのじゃ。 単元株数と株価によって株式投資に必要な額が決まるのじゃ。 例えば、1株の値段が1,5 …

トップへ戻る