stock station

【塩崎GPIF改革が難航しているそうじゃ】


≪ネットマネー6月号≫P.12~「SCOOP THE MONEY」というコーナーが載っておるのじゃ。ここでは、政治・経済・税金等旬のニュースが取り上げられておるのじゃ。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)について、政府からの独立性を高める改革法案の国会提出が遅れているそうなのじゃ。その背景には、世界最大の機関投資家と言われる巨大ファンドをめぐり、公的年金を所管する塩崎恭久厚生労働相と年金官僚、首相官邸との根深い意見対立があるとネットマネーでは報じておるのじゃ。

塩崎氏は経済政策通として知られておるのじゃ。そのため、厚労相に就任した時、株式市場はGPIFによる株式投資比率引き上げの予告としてとらえ、歓迎したのじゃぞ。そして、実際、GPIFは昨年10月末に国内株式の投資比率引き上げを発表したのじゃ。そのために株高はますます加速したのじゃぞ。

しかし、塩崎氏の目的はそれだけではないのじゃ。理事長に権限が集中する原稿の独任制から専門家の意見を踏まえた合議制に意思決定システムを変えて、運用リスク管理を厳格化することをGPIF改革の最終目標としておるのじゃぞ。

塩崎氏のこの改革については、与党から批判も出ておるのじゃ。理由としては、『合議制では、機動的に運用できない』ということなのじゃぞ。そのため、GPIFの三谷隆博氏の交代を塩崎氏は狙っておったのじゃが、それが叶わず、三谷氏はそのまま二期目の任期に突入したのじゃ。

どうやら、大量の株式を保有するGPIFを通じて財界への影響を強めるべきという意見が与党の一部にあるそうなのじゃ。GPIFをめぐる改革は不透明になっておるそうなのじゃぞ。

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

投稿日:

関連記事

【注目の最強日本株を選ぶのじゃ!】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.38より、「最強日本株番付」という記事が掲載されておるのじゃ。 この記事は、過去2年掲載され好評を博した「最強日本株番付」をよりパワーアップさせたものとのこと …

【海外M&Aブームは果たして稼ぐ力を向上させるのか?】

日経新聞3月21日朝刊に『海外M&Aブームの罠』という記事が載っておるぞ。20日の日経平均株価は約15年ぶりの高値水準を付け、2万円乗せも視野に入ってきたのじゃ。自社株買いや増配が好感されて …

【長期保有に向いた、高配当銘柄を探るのじゃ!】

先日紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.38より、「最強日本株番付」という記事が掲載されておるのじゃ。前回は10万円株について見てみたのじゃが、今回は、高配当株について見てみるの …

【良い高配当と悪い高配当を見極めるのじゃ!】

≪ネットマネー3月号≫P.18~「10年配当生活のための買い替えプロジェクト」という特集がされておるぞ。その中で、高配当株リセット計画4として、「人気株プロ5人の買い増し高配当株25」という記事が掲載 …

【増配力に注目じゃ!】

≪ネットマネー3月号≫P.18~「10年配当生活のための買い替えプロジェクト」という特集がされておるぞ。 高配当株について前回まで様々な角度から効果的な取引方法を見てみたのじゃが、そもそも高配当株と言 …

トップへ戻る