stock station

株価収益率(PER)の使い方を復習するのですわ。


PERは株価収益率のことで、よく使われる指標ですわ。
今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。
実際の取引で参考にするのですわ。

PERはPrice-to-Earnings Ratioの略です。この場合のPriceとは株価を指し、Earningsは一株当たり利益(EPS)を指しますわ。つまり現在の株価を一株当たり利益で割算した結果がPERですわ。PERは「何倍」という倍率で表されますのよ。

2015年12月9日におけるインテル(ティッカーシンボル:INTC)の株価は$34.52(ザラ場ベース)ですのよ。
またインテルの4四半期のEPSの合計額は2.23ドルですのよ。
そのため、PERの計算式は34.52 ÷ 2.23 = 15.48となるのですわ。つまり2015年12月に締め切る1年間のEPSに基づいたインテルのPERは15.48倍ということですわ。

このPERが割高なのか割安なのかは、市場全体のPERから判断するのですわ。日本の場合は各セクターごとの平均PERをチェックするのですが、米国株の場合は、S&P500指数との比較をしますわ。2015年の予想EPSに基づいたS&P500指数のPERは21.58倍ですのよ
1990年まで遡ったS&P500指数のPERは下のグラフを見てみるのですわ。

ちなみに、2008年と2001年にグラフが突出しているのはマーケットが高くなったからではなく、リーマンショック、ドットコム・バブル崩壊で利益が限りなく小さくなったのが原因ですのよ。

いまインテルのPERをS&P500指数のPERで割ったものは

15.48 ÷ 21.58 = 0.717

となり、インテルはS&P500指数に比べて72%程度の株価評価に甘んじているということになるのですわ。
『じゃあ、割安なの?』と思うかもしれませんが、ちょっと待って欲しいのですわ。なぜなら企業によっては万年割安放置されている株もあるからなのですわ。
また次回もPERについて紹介するのですわ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

【現状のアベノミクスの効果】

これまで、アベノミクスの効果や問題点について色々と書いてきたのじゃが、それでは、現状見られるアベノミクスの効果はどのようになっているのじゃろうか。 2014年以降の消費者物価の伸びが低下している中で、 …

【発想を逆転するのじゃ!】

わらわは今まで上がる株を一生懸命探しておったぞ。それは今でも変わっておらず、今年注目されて価格上昇するかもしれない有望な株を日々探しておるのじゃ! これから上がるかもしれない株を探すのは大変なのじゃ。 …

日経平均が続落しておるぞ!

日経平均株価が7月27日に続落し、前週末比194円43銭安の2万350円10銭となったのじゃ。 これまではじわじわと上がっており、7月22日には2万600円台じゃったが、米株式相場の大幅な下落や中国・ …

今後の市場のタイムスケジュールを要チェックですわ!

SBI証券の「225の『ココがPOINT!』」では、「大台回復へ、テクニカル面では足場固めが続く日経平均株価 」というテーマで、日経平均の現状を分析していますのよ。 11月半ばまでの日経平均株価は概ね …

波乱の株式市場の原因を探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均株価は大きく上下しており波乱の動きとなっているのですわ。12/1(火)に20,012円と …

トップへ戻る