stock station

12月に注目したい銘柄はどんな銘柄なのか見てみるのですわ!


SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ!

今年の師走相場は、株価が予想外の波乱となりましたわ。日経平均株価は12/1に2万円大台を回復したものの、12/15には一時18,562円まで約7%の下げとなったのですわ。しかし、2015年の一大イベントであった「米政策金利の引き上げ」が12/17(日本時間・早朝)に決まり、株価はようやく落ち着きを取り戻しましたわ。12/18には日本銀行が「『量的・質的緩和』を補完するための諸措置の導入」を発表し、一時株価が急騰し、その後は値を消すなど、激しい動きをみせていますのよ。

この状況を受けSBI証券では、『こうした中、物色対象銘柄の選定は意外に難しいと考えられます。』としていますわ。なぜならば、米国の利上げ決定以後、円安の動きが明確になったとか、原油価格が下げ止まったとか、あるいは中国経済の底入れが明確になったなど、外部環境のトレンドが明確になっていないためなのですわ。日銀の緩和「補完」も市場の反応をみる限りでは、設備投資関連株に下支え効果が期待される他は、新たなトレンドを作るほどのインパクトには乏しそう、とSBI証券では分析していますわ。

ということは、輸出株を買うべきか、内需株を買うべきかを含め、東京株式市場でも物色の方向感を定めにくいということになりますわ。無論、相場の戻り局面では「リターン・リバーサル」が中心となりやすいので、相場の下落局面で大きく下げた銘柄を買うという戦略はありますが、日経平均株価は12/15の18,562円を底に、すでにある程度戻ってしまっていますわ。これから、リターン・リバーサルを狙うのでは、投資タイミングとして少し遅いように思われる、とSBI証券では指摘していますのよ。

そこで今回の「日本株投資戦略」では、残り少ない12月相場で、「掉尾の一振」も期待できるような「12月決算銘柄」(そのほとんどの権利付最終日は12/25)から銘柄をピックアップしたそうですわ。日経平均株価が12/1の戻り高値から下げた位置にある現状で、本来であれば大きく上昇していても不思議でない「12月決算銘柄」の多くも、株価の頭が押さえられた格好になっていると考えられますのよ。その意味で、値ごろ感も大きいと思われる、としていますわ。

次回もこのことについて、紹介するのですわ!

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

【金融緩和で株や為替にはどのような効果があったのじゃろうか?】

2月19日、日経平均株価の終値は18,264円となり、終値ベースでは2000年5月2日以来およそ14年9ヶ月ぶりの高値を回復したのじゃ。野田佳彦前首相が衆議院解散を明言した2012年11月14日の終値 …

電機メーカーが騒がしいのじゃ

 東芝(6502)の不適切会計による影響で、いまだに紙面を騒がしておるのじゃ。株価においては、悪い材料が出尽くしたと安定してきてはいるものの、グループ会社のトプコン(7732)の保有株をすべて売却した …

2001年9月11日、同時多発テロによって株価は…

今日は9月11日ということで 過去に起こった株価に関わる大きな事件について書くことにするのじゃ。 2001年9月11日 イスラム過激派によってハイジャックされたジャンボジェット機が アメリカの世界貿易 …

【10万円以内で買える銘柄に注目じゃ!】

ご存知のとおり、アベノミクスが開始されて以来、株式市場は盛り上がりを見せておるのじゃ。年明けからは、ヨーロッパの政情不安等で株価は下落したり、円相場も円高方向に向かうなど、株式市場にも影響が出たものの …

【日経新聞の記事より】今、話題の会社の株価について紹介するのじゃ

株式会社ベネッセホールディングス【_9783_】 ニュースで少なくとも1回は名前を聞いたであろう 個人情報の漏えい問題で今話題の会社じゃ。 漏えい問題が発覚してから1週間。 ベネッセホールディングスが …

トップへ戻る