stock station

米国の利上げで今後の市場の動きに注目なのですわ!


SBI証券では『FOMCで利上げ!株価上昇!ただし残された課題がポイント』というレポートを掲載していますわ。

米国の中央銀行に当たるFRB(米連邦準備制度理事会)は、日本時間の12/17(木)まで開催されていたFOMC(米連邦公開市場委員会)で、政策金利であるFF金利の誘導目標を現在の0.00~0.25%から0.25~0.50%に引き上げることを決定しましたわ。2006/9/29(金)以来9年半ぶりの利上げでしたわ。前々から予想されていただけあって、市場は今回の利上げを時期の面でも、利上げ幅の面でも織り込み済みで、その面ではサプライズはありませんでしたのよ。

今回のFOMCとその前後の市場の動きについて、注目される点をSBI証券は紹介していますわ。

(1)2016年の利上げペースについては、四半期に0.25%ずつ年4回程度の利上げ(従来見通し通り)が改めて示唆された。
(2)NY株は続伸となり、株式市場はFOMCの結果を歓迎した形になった。ただし、「下落後のリバウンド相場」の範囲内にとどまるっている。
(3)外為市場ではドルが上昇したものの、株式市場同様「下落後のリバウンド局面」とみられる。
(4)原油相場は依然軟調で、水準的には「底割れ」も懸念される状態が続いている。

すなわち、FOMCを経過し、市場の過度なリスク回避姿勢が後退したことが、株価反発の主因とみられる、とSBI証券では分析していますのよ。18日(金)の米先物・オプション最終売買日が過ぎ、さらにリスク選好姿勢が強まるとみられ、株価は今後も当面は反発力を試す展開になりそうですわ。
日経平均株価についても、短期的には25日移動平均の回復がメドとみられますのよ。ただし、何か新しいトレンドが出た訳ではないことに注意が必要、とSBI証券では指摘していますわ。今後の為替市場や原油価格の動きには、引き続き「注視すること」が必要とみられますのよ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

【アベノミクスで株価はどうなったのじゃろうか?】

誰もが知るように、日本の株価を動かしているのは、外国勢(単に外国人と書くメディアもある)と、日本の官製マネーじゃ。とくに2014年は、日銀のETF買いや、官製マネー(GPIFやそのほかの年金資金)の株 …

ギリシャ危機はどうして悪影響を及ぼしたのかしら?(ギリシャ問題とユーロその2)

2010年に発生した欧州債務危機は、ギリシャが震源となり、EU諸国から世界中の国々にまでその影響が広がったのですわ。そもそものきっかけは、ギリシャが財務状況を粉飾していたことでしたわ。実はギリシャはユ …

読書の秋。株の勉強には持ってこいの季節になったのじゃ。

秋と言えば… 食欲の秋!!女子会が一層楽しくなる季節じゃの☆ だが、ここでは読書の秋じゃ。 秋は株やお金について本を読んで株に勝つのじゃ!! まずはネットマネー10月号 (P.130)今月のグッドなマ …

ニッセンが復活を目指すのじゃ

 ニッセンホールディングス(8248)は買収により親会社となったセブン&アイ・ホールディングス(3382)主導の元、経営合理化策を打ち出し不採算事業からの撤退と希望退職者の募集を行ったのじゃ。まず売り …

日経平均2万円!今後の株式市場に注目ですわ!

SBI証券では、『日経平均2万円!「予想EPS(一株利益)が最高水準更新」で、株価も高値トライか!? 』というレポートを掲載していますわ。」 2015年11月相場が終わり、日経平均株価の月末終値は19 …

トップへ戻る