stock station

決算発表後の日本市場について予想するのですわ


主力企業の中間決算発表は11/13までで事実上終了しました。
SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているのですわ。
前回は具体的な銘柄を紹介したのですが、今回は今後の展開について見てみるのですわ。

10月下旬以降の決算発表シーズンでは、発表企業の業績の良し悪しに注目が集まるのですわ。そこでは利益実績がアナリストによる事前予想(それがない会社は会社予想)を上回ったのか、下回ったのかが主に問われることになりますのよ。また、通期利益予想を上方修正したのか、下方修正したのか等も注目されますわ。無論、決算数字がアナリスト予想あるいは会社予想を上回った企業や、利益予想が上方修正された企業の株価は、発表直後に上昇することが多くなるのですわ。

ただ、決算発表シーズンでの株価の反応は、ほぼ決算「数字」に反応する短期的な反応となりやすいのが現実、とSBI証券では指摘していますわ。例えば、決算発表で利益がアナリスト予想を下回っても、その企業の成長シナリオにとって、大きな問題ではないというケースもあるはずなのですわ。それでも、単純に数字が予想を下回れば、株価が下落し、株価下落が企業の成長イメージを損なうというケースも少なくないように思われるそうなのですわ。

そうした決算発表シーズンは終了し、アナリストの決算発表後調査(多くは訪問)が本格化すると、定性的な面までも含めた企業の評価が行われるようになりますのよ。決算発表直後に売られた銘柄でも、この時期は再評価される銘柄も出てくると考えられるそうですわ。逆に、見かけ上の決算数字は良かったものの、成長余力が乏しいとアナリストから判断され、評価を下げられる銘柄も出てきますわ。この時期は、業績面からの銘柄の選別色が強まりやすい時期であると考えられる、とSBI証券では予想していますわ。

また、中国経済への不透明感が解消した訳ではありませんわ。むしろ、商品市況の下落等を通じ、逆風を受けやすい業種や銘柄もありますわ。さらに、仮に年内に米政策金利の引き上げが行われ、その後に素直に円安・ドル高が進むか否かも不透明ですのよ。米政策金利引き上げ後は「材料出尽くし」から円高に振れるという見方も少なくなく、銘柄選別にはそうした点も考慮にいれなければならないと考えられる、とSBI証券では指摘しているのですわ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

日銀が買いを増やす銘柄に注目ですわ。

12/18(金)に日銀金融政策決定会合があり、現在の金融緩和策を補完する新たな制度の導入を決めました。日銀は、金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株 …

日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探るのですわ!

SBI証券では「日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探る!」というタイトルで、レポートを掲載しているのですわ! 日経平均株価は9/29の16,901円を当面のボトムとし …

今後の日経平均の方向感を占うのですわ!

SBI証券では、「225の『ココがPOINT!』」で、今後の日経平均の方向感について取り上げていますわ。 前回紹介したとおり、米国経済の好調や中国の株式市場の混乱がいったん収束していることを受けて、日 …

SBI証券のレポートで、上昇相場に備えるのですわ!

日経平均株価は9/29安値16,901円を起点に上昇に転じ、10/26の取引時間中には8/31以来約2ヵ月ぶりに19,000円の大台を回復しましたわ。SBI証券ではこのことについて、レポートを掲載して …

ユーロの勝ち組(ギリシャ問題とユーロその10)

前回書いたとおり、EUでは加盟国内での差の是正ができず、ユーロを使用している地域での税収の再配分が行われることはありませんわ。というのも、同一通貨を使用しているとはいえ、国が違うために税収の再配分が行 …

トップへ戻る