stock station

GDPがマイナスでも日経平均が大幅安にならないのは何故?


SBI証券では、「GDPマイナスだが日経平均が大幅安にならない要因は?」というテーマでレポートを掲載していますわ。

今週月曜日に発表されたGDPは2四半期連続のマイナスとなるのですわ。2014年4月~6月期、7月~9月期もマイナス成長で、2015年は、前回(2015年4月~6月)も今回(2015年7月~9月)もマイナス成長なのですわ。二期連続のマイナス成長はリセッション(景気後退)を意味するのですわ。なお、今年の4月~6月期、7月~9月期の民間企業の設備投資は二期連続で対前期比割れなのですわ。

そんな中、日経平均は大幅安とはなっていないのですわ。フランスのテロの影響を受けたものの、GDPマイナスが株式市場に与えた影響は軽微となっていますわ。そのことについて、SBI証券では、日経225先物の動向と共に紹介していますわ。

日経225先物はモルガンやドイツ証券などの買いが目立っていますわ。また、TOPIX先物もモルガンが大幅な買い越しをしているのですわ。SBI証券では、「週末のSQがゴールとみられていたが、13日もモルガンは225先物、TOPIX先物をともに買い越している。12月限SQまで上を意識した動きが続くとの見方もできよう。 」と予想しているのですわ。

また、GDPがマイナス成長だったことで、補正予算の規模拡大など政策への期待感が高まっていることも、指数の下支えとなっている、とSBI証券では分析していますわ。さらに、2四半期連続のGDPマイナスを受け、追加の金融緩和を期待する動きが高まるのでは、と予想していますわ。
こうした政策などへの期待感が、日本株の下支え要因となる、とSBI証券では分析していますのよ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

波乱の株式市場の原因を探るのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 日経平均株価は大きく上下しており波乱の動きとなっているのですわ。12/1(火)に20,012円と …

【現状のアベノミクスの効果】

これまで、アベノミクスの効果や問題点について色々と書いてきたのじゃが、それでは、現状見られるアベノミクスの効果はどのようになっているのじゃろうか。 2014年以降の消費者物価の伸びが低下している中で、 …

スマートフォン向けの求人広告が人気なのじゃ

 かつてはハローワークやフリーペーパーで求人を見ていたものじゃが、最近はスマートフォンで探す場合が多いようじゃ。そんな需要に応えて、スマートフォン向けの求人広告を扱う会社も増え、業績も伸びているようじ …

日本たばこ産業の1500億円の使い道に注目なのじゃ

日本たばこ産業(2914)がサントリー食品インターナショナル(2587)に飲料自動販売機子会社のジャパンビバレッジホールディングスとジャパンビバレッジエコロジーを1500億円で売却したのじゃ。営業利益 …

SBI証券が上昇が期待できそうなマザーズ銘柄を紹介していますわ!

SBI証券では、上昇が期待できそうなマザーズ銘柄について紹介していますのよ。 下落が続いていたマザーズ指数が、ようやく底打ちした、とSBI証券では分析していますわ。その背景には、マザーズ指数を算出する …

トップへ戻る