stock station

日経平均上昇で買いたい銘柄を考えるのですわ!


SBI証券では、再び上昇基調にある日経平均を踏まえ、どんな銘柄を買えば良いかを分析しているのですわ。
今回、(1)好決算・出遅れ企業、(2)年末にかけ配当取り妙味のある主力企業、(3)「郵政上場」で注目される公益株の3つの視点から、銘柄を抽出しているのですわ。

今回注目するのは(2)年末にかけ配当取り妙味のある主力企業ですわ!

上場企業の決算期としては3月が最多で、東証一部では全体の75.5%を占めていますが、12月決算企業はそれに次いで多く、社数ベースでの構成比は8.3%となっているのですわ。従って、12月末付で配当や株主優待の権利が確定する銘柄も少なくないため、物色対象となる可能性は小さくない、とSBI証券では分析していますのよ。

ちなみに、海外の企業については12月決算が主流ですわ。このため、我が国で12月決算を採用している企業は、海外に子会社を持つなど、グローバルな大手企業を数多く含んでいるそうですのよ。
下表は、時価総額1千億円以上の東証一部上場企業のうち、12月決算の銘柄について、予想配当利回りの高い順に列挙したものですわ。

こうした12月決算企業の中から、予想配当利回りや業績、知名度等を加味して2銘柄を抽出したものがこれですわ。

キヤノン、ブリヂストンともに、今期増益見込み予想PERも低く、予想配当利回りも高めであることがわかりますのよ。

今回、郵政3社の上場を契機に、株式市場に新しい投資家が参加しており、そうした投資家が「郵政の次」に銘柄選別の基準にしやすいのは、業績や配当、知名度であると考えられることから、知名度の高い銘柄を中心に選んだとのことですわ。

キヤノン(7751)の予想配当利回りが4.0%というのはサプライズですのよ。業績見通しがかんばしくなかったことで、株価が下げてきたことが利回り上昇の一因だったのですわ。ただ、2015年7~9月だけみれば、前年同期比で増益に転じていますので、業績は実態面で改善の兆しを見せている可能性がありますのよ。そして予想配当利回りの高い企業として何社か「ゴム」関連企業が挙がっていますが、ブリヂストンが知名度、増益率をトータルでみた場合、上位と考えられる、とSBI証券では分析していますわ!

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

欧州と米国の金融政策をチェックなのですわ。

SBI証券では、『日経平均への影響は?日米欧の金融政策を再確認』という記事を掲載しているのですわ。 金融政策はマーケットに大きな影響を与えるのですわ。特に、米国、欧州、そして我が国日本の金融政策は世界 …

株?先物?FX?なぜ株を推奨するのか

そもそも なぜ先物でもなくFXでもなく株をわらわが娘たちに勧めたか。 株は資本金(余裕資金)が多く必要なのだけども 他の2つと比べると難易度としては1番簡単だということだからじゃ。 それに株は株主総会 …

海外売上の高いグローバルな食品株を見てみるのですわ!

現在、日本の食品株をけん引する大手企業には、グローバル展開しているところが増えているのですわ。 SBI証券では、「現在の世界経済の方向感を考慮すれば、ディフェンシブ銘柄としての食品株に再度スポットが当 …

【株価の急落は結構な頻度であるのじゃ!】

わらわが株取引をやっていて思うのは、暴騰よりも暴落のインパクトは強い、ということなのじゃ。 もちろん、暴騰もインパクトは強いのじゃ。突如として上がったということで、市場参加者からの注目も集まり、人気銘 …

2001年9月11日、同時多発テロによって株価は…

今日は9月11日ということで 過去に起こった株価に関わる大きな事件について書くことにするのじゃ。 2001年9月11日 イスラム過激派によってハイジャックされたジャンボジェット機が アメリカの世界貿易 …

トップへ戻る