stock station

今後の日経平均の方向感を占うのですわ!


SBI証券では、「225の『ココがPOINT!』」で、今後の日経平均の方向感について取り上げていますわ。
前回紹介したとおり、米国経済の好調や中国の株式市場の混乱がいったん収束していることを受けて、日経平均が2万円台を回復するのでは?と期待されていますのよ。

今後の日経平均株価の方向感を占う意味で、ここでは主要タイムスケジュールを見てみるのですわ。雇用統計の発表後ですので、重要日程は少なめなのですわ。

11月第2週は、2015年7~9月期決算発表の実質的な最終週なのですわ。本日11/13に327社の決算発表が実施され、第一生命や3メガバンクの発表も予定されていますのよ。決算発表シーズンの間は積極的な売買を控える機関投資家も少なくないとみられ、「シーズン」終了後に一部の機関投資家の売買が積極化してくる可能性に注意したい、とSBI証券では予想していますわ。その意味では、11/13にオプションSQを通過してくるというスケジュールも重要ですわ。

11/16には2015年7~9月期のGDP速報が発表の予定になっていますわ。今のところ、前期比・年率-0.3%と、2四半期連続のマイナス成長が予想されています。

下図は日経平均株価と予想EPSなのですわ。

ここから読み取れるように、2015年3月期・本決算発表時(4月下旬~5月半ば)に上昇した日経平均予想EPSは、その後伸び悩みとなっていますのよ。今回の7~9月期決算発表の時期(10月下旬以降)になっても伸び悩んでいるということは、足元で企業の業績予想上方修正ペースが鈍っていることを反映しているとみられる、とSBI証券では分析していますのよ。仮に7~9月期のGDPが市場予想通り2四半期連続のマイナスとなるのであれば、景気・企業業績自体は、日経平均をさらに持ち上げる材料になりにくいと考えられる、とのことですわ。

ただ、景気・企業業績が伸び悩む要因となったのは、中国等の新興国経済の減速とみられる、とSBI証券では指摘していますわ。そのことはいったん株価に織り込まれつつあるうえ、追加金融緩和や「一人っ子政策の廃止」等、徐々に政策対応も行われているので、過度の懸念は不要かと思われるとSBI証券では分析していますのよ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

第二十三回:トヨタ株でIR財務資料で貸借対照表を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にしてCF計算書(P13)を説明したでござる。」 「営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」 「左様でござる。今回は貸借対照表(P7-8)について …

【そもそもデイトレって何じゃ?】

大まかに分けて、株取引の期間には、長期投資、中期投資、短期投資の3つがあるのじゃ。 長期投資は数年にわたって保有する投資方法じゃぞ。短期間の株価の変動にはこだわらず長期でのさや取りを狙い、むしろ配当金 …

クレディ・スイス証券の投資判断に注目なのじゃ

 クレディ・スイス証券をしっておるかのう?クレディ・スイス証券はスイスにあるユニバーサルバンクの日本における証券・投資銀行業務を展開する会社で、定期的に投資判断を発表しておるのじゃ。  9月16日に投 …

読書の秋。株の勉強には持ってこいの季節になったのじゃ。

秋と言えば… 食欲の秋!!女子会が一層楽しくなる季節じゃの☆ だが、ここでは読書の秋じゃ。 秋は株やお金について本を読んで株に勝つのじゃ!! まずはネットマネー10月号 (P.130)今月のグッドなマ …

【アベノミクスによる中国経済の影響】

アベノミクス開始後、円は急速に下がり続けるのに並行して、中国の鉄道貨物輸送量が急激に落ち込む傾向が顕著になっているのじゃ。なぜ円安・人民元高と中国景気不調共振するのかを今回は見てみるのじゃ! 人民元は …

トップへ戻る