stock station

SBI証券の「マーケット・フラッシュ」に注目ですわ


SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回の米国雇用統計についてのレポートを掲載していますわ!

先週金曜日(11/6)に発表された10月の米雇用統計で、代表的な指標である「非農業部門雇用者数」が前月比27万1千人増加しましたのよ。9月の13万7千人増から大きく加速したことに加え、事前の市場予想(18万5千人増)をも大きく上回ったのですわ。失業率も5.0%と前月(5.1%)から低下し、FRB(米連邦準備制度理事会)が「完全雇用」状態と判断する4.9%をほぼ達成した上、時間当たり賃金も前年同月比2.5%増加、2009年7月以来の増加率となりましたわ!今回の米雇用統計は全般的に非常に強い内容だったと言えるのですわ

ただ、雇用統計以上のサプライズであり、東京市場にも好影響と考えられるのが、同統計発表後における市場の反応ですわ。11/6(金)のNY市場では、ダウ平均が前日比46ドル90セント上昇し、外為市場ではドル・円相場が123円台と、8月下旬以来の円安・ドル高水準を付けましたのよ!

米国市場ではこれまでしばしば、強い雇用統計を受け、利上げ(前倒し)観測から株価は急落するという光景が見られたものの、今回は異なる反応を示したことになりますのよ。10月の雇用統計の結果を受け、金利先物市場からみた12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げの可能性は70%に上昇(統計発表直前は56%)しましたが、それを織り込んで株価は上昇したことになりますのよ。

米国市場が強い雇用統計を前向きにとらえ始めたことは重要な変化、とSBI証券では評していますわ。米経済の強さが素直に米株高や円安・ドル高を経て、日本株の上昇につながりやすくなるから、とのことなのですわ。11/6(金)のシカゴ日経平均先物は終値が19,460円(大阪取引所終値+200円高)となり、11/9以降の日経平均は買い先行でスタートしましたが、今後も株価上昇が続く可能性が膨らんできたのですわ!

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

一国一通貨とユーロ(ギリシャ問題とユーロその9)

EUは、経済力も財務健全性もそれぞれ異なる国が集まって成り立っているにも関わらず、共通通貨のユーロを使っていることで、無理が生じているのですわ。 例えば一国1通貨であれば、今回のギリシャのように大きな …

ユーロはどんなものなのかしら?(ギリシャ問題とユーロその8)

ギリシャは財政を立て直そうにも、どん詰まりの状態にありますのよ。その原因は、統一通貨であるユーロにある、ということはすでに書いたとおりですわ。 例えば我が国にしろ、アメリカにしろ一国一通貨を採っていま …

【アベノミクスと東南アジア】

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。 昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券 …

アイリッジ株が値上がりしているのじゃ

7月16日に上場初日を迎えた、ネットから実店舗への来客を促す「オンライン・to・オフライン」(O2O)の情報配信システム「popinfo」が注目されておるスマートフォンサービス・インターネットサービス …

第四回:「投資」と「投機」の中間をするでござる③

「前回は ①目標を決めること ②必要な利回りを計算すること ③利回りを確保できる投資商品の組合せを選ぶ の大切さを教えたでござる。 特に①の目標を決めることは大切でござるよ。 目標とはいくらの金額(元 …

トップへ戻る