stock station

郵政グループが上場!東京株式市場の今後に注目ですわ!


昨日、注目されていた日本郵政(6178)、かんぽ生命保険(7181)、ゆうちょ銀行(7182)の郵政関連3社が上場しましたわ。そのことについて、SBI証券では、「【マーケット・フラッシュ】郵政上場と東京株式市場!今後はどうなる?」というタイトルのレポートを掲載していますのよ!

郵政グループの初値は、日本郵政が1,631円(売出価格から16.5%高い水準)、かんぽ生命保険が2,929円(同33.1%)、ゆうちょ銀行が1,680円(同15.9%)と、いずれも売出価格を大きく上回りましたわ。なお、売出価格に対する上昇率を過去の民営化企業と比較すると、かんぽ生命保険が日本電信電話(NTT)に次ぐ高パフォーマンスとなったのですわ。
これが過去に民営化して上場した企業の短期パフォーマンスですわ!

そしてこれが、民営化企業の上場以来の約3年間の値動きを指数化して1枚のグラフにまとめたものですわ。

売出価格に対して初値が値下がりしたのはNTTドコモだけで、今回の郵政関連3社を含め全社が上昇という結果になっていますわ。また、上場後の短期パフォーマンスでは、日本電信電話の値上がりが顕著だった他は、まちまちですわ。ただし、300営業日程度の長期保有では、東日本旅客鉄道と日本たばこ産業を除く5社が2ケタを超える上昇率になり、特にNTTドコモは一時5倍近い上昇率を記録したのですわ。さらに長期では、東日本旅客鉄道や日本たばこ産業も初値から大幅上昇となっていますのよ。

民営化企業の多くは、上場段階ではその将来性を評価しにくいことが多いようだ、とSBI証券では分析していますわ。しかし、上場して年数を経る過程で体質が改善し、事業拡大に成功する企業も少なくありませんのよ。それが、民営化企業の長期パフォーマンスに反映されているのかもしれないのですわ。

郵政関連3社の上場は東京市場にとって、今年最大のイベントだったのですわ。それを通過したことで、株式市場ではリスクオンの様相が強まる可能性がありそうなのですわ。また、3社の売出に参加することで初めて株式市場に参入した個人投資家も多いとみられ、市場に厚みができることは、東京株式市場にとっても好材料とみられますのよ。今後、郵政関連3社の株価が堅調に推移した場合、株価全般にも好影響を与えそうだ、とSBI証券では分析していますわ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

【空売りで相場を攻略するのじゃ!】

今まで、わらわは株は安く買って高く売れるように、トレードをしておったぞ。これから値上がりしそうな将来性のある株、大化け株など、短期的・中長期的に上がる銘柄を日々探しておったのじゃ。買った株が上がったり …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄を見てみるのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

【量的緩和でどうなったのじゃ?】

前回書いたとおり、金融緩和によってお金の流通量が増え、実質金利が低下し、それにより円安ドル高、株高がとなったのじゃ。株や為替といった資産市場が実質金利の変化に対し、最も敏感に反応するのじゃぞ。 安倍政 …

SBI証券のレポートで、本流銘柄を探るのですわ!

SBI証券では、再び上昇基調にある日経平均について、『ある程度急ピッチで上昇が続いてきたため、物色的には選別色が強まってくる可能性もありそう』としていますわ。 この状況を踏まえ、どんな銘柄を買ったらよ …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄の続きなのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

トップへ戻る