stock station

SBI証券の、曜日アノマリーに注目ですわ!


SBI証券では「日本株の曜日効果を検証する!」というレポートを掲載していますわ。
前回書いたとおり、日本株には月曜日に安くなる、というアノマリーがあるのですわ。
月曜日の騰落率が統計的にマイナスになりやすいといっても、日経平均のリターンに対する影響度は低いので注意が必要、とSBI証券では指摘していますわ。また、SBI証券では、リターンのブレの大きさを見るために、下落する傾向が確認できた月曜日と平均騰落率の振幅が大きい金曜日の年ごとの平均騰落率の推移を調べたそうですわ。
これがそのグラフなのですわ。

赤斜線が月曜日ですわ。月曜日の年別平均騰落率を見ると、毎年下落していた訳ではないことが分かりますわ。
1990年から1998年は連続して年平均騰落率がマイナスとなっており、2001年には大きく下落していますわ。しかし、サブプライムバブルが崩壊した2007年は僅かながら上昇しており、リーマンショックの2008年の下落はそれほどでもないのですわ。また、2010年と2013年には上昇していますのよ。そのためSBI証券では、「ここでも、『昔は月曜日はよく下がったものだ』とは言えても、現時点で投資に有効なほどの顕著なアノマリーが継続しているとは言い難いものがあります。」としていますのよ。

また、金曜日は日本の株・不動産バブルが崩壊した1990年、アジア通貨危機の1997年、ロシア危機の1998年、サブプライムバブル崩壊後の2007年と2008年は顕著に下落していますわ。“暴落の年の金曜日は下げる”ともいえそうですが、事前に暴落の年は分かりませんのよ。それに、それ以外の年、たとえば2013年には大きく上昇していて一貫性があるとはいえませんわ。

これは水曜日と木曜日の年別の平均騰落率の推移を見たものですわ。

昨日紹介した表だと、株価が上がりやすいように見え、かつては統計的にも有意であった「上がる水曜日と木曜日」も、年毎にみるとバラつきが大きくなっていることが分かるのですわ。
水曜日では1990年-1993年、1999年-2002年、2006年―2007年(図中青矢印)には平均して下落していますし、木曜日では1990年、1996年-1998年、2000年、2003年-2004年、2008年に平均して下げる結果となっていますわ。つまり、統計的に水・木曜日は上がるというアノマリーが成立していた1985年から1994年でさえ1990年のように平均して下げる結果となっている上に、その後も安定して上昇しているとはいえないことになりますのよ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

自国通貨の価値調整手段を持つ国はどうやって危機を脱したのかしら(ギリシャ問題とユーロその3)

国民投票が行われ、これ以上の緊縮財政にNOを突きつけたギリシャ。 ギリシャは2010年にギリシャ危機が発生し、そこから欧州債務危機へと被害が広がったのですわ。前回書いたとおり、ギリシャの問題の根源にあ …

出遅れている好業績期待銘柄に注目するのですわ!

SBI証券では、「株価上放れ目前!で狙いたい「株価出遅れ・好業績期待銘柄」 」というテーマでレポートを掲載していますわ。 今週はいよいよ郵政3社の上場という、株式市場にとっての一大イベントがあるのです …

【空売りの魅力を知るのじゃ!】

わらわは、ずっと株の買い取引を行っておったのじゃ。わらわのように、「株は買うもの」と考えているトレーダーは多いのではないじゃろうか?そして、漠然と「株を買うと、いずれは上がる」と考えておるのではないじ …

外国人が買う銘柄の詳細を見てみるのですわ!

SBI証券では『外国人が買った年末・年始相場が期待出来る20万円マザーズ銘柄はコレだ!? 』というレポートを掲載していますわ。 今回は、年末・年始の株価上昇が期待出来る東証マザーズ銘柄として、下記の条 …

年明けの日経平均は前向きな方向になりそうなのですわ。

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 波乱の様相となった日経平均ですが、年明けには空気が一変するかもしれない可能性を指摘しているのです …

トップへ戻る