stock station

SBI証券の、郵政3社上場前後の相場展開に注目ですわ!


11月4日(水)に郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が東証1部に新規上場しますのよ。売り出し規模約1兆4,000億円、時価総額約13兆円の今年最大のIPOで、株式市場にも大きな影響があると考えられており、市場の注目を集めていますわ!
既に、ゆうちょ銀行(7182)は1,450円、かんぽ生命(7181)は2,200円で公開価格が決定し、親会社の日本郵政(6178)も10/26に公開価格が決定する予定ですのよ。

ご存じのとおり、この郵政グループ3社の新規上場は、株式市場に大きな影響を与えていますわ。
9/10に東京証券取引所が3社の新規上場を承認し、正式に発表されたのですわ。でも、それ以前から報道各社で報じられており、最初は、ロイターが8/14に伝えた「郵政3社、11月4日に上場へ 東証が9月10日に承認」という記事だったのですわ。そして、その日の夜には日経新聞なども後追いで記事が掲載されたのですわ。

郵政グループ3社の上場スケジュールが伝えられた少し後から、日経平均株価は急落していますのよ。

これは、世界第1位の経済大国である米国が利上げのタイミングを模索している最中に、第2位の経済大国である中国が人民元の切り下げを行ない、バブル状態であった上海総合指数が急落した、いわゆるチャイナショックのためだと思われる、とSBI証券では分析していますわ。

下図が日経平均株価と上海総合指数の3ヵ月比較チャートですのよ。

下落当初は、当然上海総合指数の下げの方がきつかったものの、リバウンド相場で追いつかれて、10/22には、ほぼ同じ騰落率となっていますのよ。なお、上海総合指数が途切れているのは、国慶節での休場のためですわ。

なお、日本経済新聞の報道では、郵政グループ3社の売出株式の配分は、外国人投資家2割、国内投資家8割の比率で、国内投資家のうち、95%が個人投資家、5%が機関投資家に配分されると伝えられていますのよ。

また次回もこのことについて取り上げますわ!

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

アイリッジ株が値上がりしているのじゃ

7月16日に上場初日を迎えた、ネットから実店舗への来客を促す「オンライン・to・オフライン」(O2O)の情報配信システム「popinfo」が注目されておるスマートフォンサービス・インターネットサービス …

外国人が買ったマザーズ銘柄に注目なのですわ!

SBI証券では『外国人が買った年末・年始相場が期待出来る20万円マザーズ銘柄はコレだ!? 』というレポートを掲載していますわ。 日経平均株価は「2万円ワンタッチ」の後に下落に転じ、主力株には戻り待ちの …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄を見てみるのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

日本でのデング熱の次は…

デング熱が流行した際には 殺虫剤を扱う会社の株が注目を浴びたのだが 今度は世界で流行している エボラ出血熱で注目されている株があるのじゃ。 富士フイルムホールディングス株式会社【_4901_】が 今、 …

決算発表後の日本市場について予想するのですわ

主力企業の中間決算発表は11/13までで事実上終了しました。 SBI証券では、『「日経平均2万円」で本格化する選別物色?けん引役を期待される特選5銘柄はコレ!?』というテーマでレポートを掲載しているの …

トップへ戻る