stock station

海外投資家の今後の方向性を、SBI証券のレポートで探るのですわ!


SBI証券では、海外投資家による日本株売りが今後続くのか?というテーマでレポートを掲載していますわ。

昨日紹介したとおり、海外投資家は前月のTOPIXの変化率と米国株の荒れ具合の動向に影響を受けているのですわ。

SBI証券では、今後の相場の方向性を考える上では、まず、「海外投資家が月間ベースで数ヶ月売り越し始めると長期間継続する傾向がある」ことが既に始まっているのか、2015年9月の3兆円の売り越しが過去にも時折見られた一過性のものなのかを考える必要がありそう、としていますわ。

仮に、中国や資源国経済の変調や米国の経済成長率の鈍化を受けて、世界経済はさらに失速すると海外の機関投資家がリスクオフモードに入っていると考えるなら、今後1-2年と言う期間にわたって海外投資家の巨額の日本株売りは継続すると考えられる、とSBI証券では分析していますのよ。この場合、日本株市場における海外投資家のプレゼンスの大きさを考慮すると、日本株のパフォーマンスも悪くなってしまうのですわ。

このシナリオを想定する場合の投資戦略として、SBI証券では、日本株買いポジションを手仕舞うとともに、日経平均マイナス3倍トラッカーやベアETF、ベア投信の買いで相場の下落からのリターンを狙うことも一案と考えられる、としているのですわ。

一方、未だに2007年夏以降のような海外投資家の株式ポジション縮小の段階には至っていないと考える場合、少なくとも10月を含めた数ヶ月程度は半年効果や月別アノマリー、9月のTOPIXリターンとVIXによる10月推計値からも、海外投資家は日本株買い越しに戻り、相場全体も復調すると考えられる、とSBI証券では分析していますわ!

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

SBI証券の「マーケット・フラッシュ」に注目ですわ

SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回の米国雇用統計についてのレポートを掲載していますわ! 先週金曜日(11/6)に発表された10月の米雇用統計で、代表的な指標である「非農業部門雇用者数」が前月比 …

読書の秋。株の勉強には持ってこいの季節になったのじゃ。

秋と言えば… 食欲の秋!!女子会が一層楽しくなる季節じゃの☆ だが、ここでは読書の秋じゃ。 秋は株やお金について本を読んで株に勝つのじゃ!! まずはネットマネー10月号 (P.130)今月のグッドなマ …

NY市場の動きから波乱含みの日経平均の動きを分析するのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 前回書いた通り、日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の …

海運業が不調なのじゃ

 海運業が値下がり傾向となり、海運業大手の日本郵船(9101)や商船三井(9104)は9月2日に年初来安値となったのじゃ。また、同じく大手の川崎汽船(9107)も値下がりが続いておるのじゃ。  海運は …

東和フードの株主優待が注目されたのじゃ

 18日の日本経済新聞朝刊で東和フードの株主優待について報じたところ、東和フードの株価が大幅に続伸し始めたのじゃ。  東和フードではいままで株主優待100株以上200株未満の場合は年間3500円の食事 …

トップへ戻る