stock station

海外投資家の日本株売りは続くのか?SBI証券のレポートに注目ですわ!


SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか、というテーマでレポートを掲載していますわ。

財務省が発表した「対外及び対内証券売買契約等の状況」によると、2015年9月に海外投資家(非居住者)は3兆878億円も日本株を売り越しているそうですのよ(投資ファンドの持分の売買を含む)。
これはサブプライムバブル崩壊後の2007年~2009年のどの月よりも大きな売り越し額だったそうですのよ。海外投資家の売買動向は日本株全体の水準に大きな影響を与えるため、SBI証券によれば、これが長期的な売り越しを意味するのか、単に前月の日本株リターンと米国株の変動率によるものなのか、はたまたアノマリーで説明できるのかを見極める必要がありそうとのことですわ。

下図はサブプライムバブル崩壊直前の2007年1月から2015年9月までの間の、海外投資家による日本株・投資ファンド持分投資のネット売買金額なのですわ。

この図から海外投資家の売り越し・買い越しは長く続くようだということが分かるのですわ。売り越しについては、2007年8月の「パリバショック」でサブプライムバブル崩壊が明らかになって以降、2009年3月までの20ヶ月のうち、売り越しとなっていたのは16ヶ月で、ほぼ一貫して海外投資家は日本株を売却していましたのよ。
逆に、買い越しも長期間となっていて、アベノミクスが始まる直前の2012年10月から2013年12月までの14ヶ月のうち13ヶ月が買い越しだったのですわ。

SBI証券によれば、海外投資家の売買フローの大部分はHFT(高頻度取引)などの短期売買と考えられるそうですわ。ただし、1ヶ月単位のネットの売買金額となると、巨額の資金を長期間運用する性格の投資主体の影響が大きくなると推測されるそうですのよ。
一般にこうした投資主体が、日本株を含めた世界各国への株式への投資割合を変更したりすると、それに向けてその後何ヶ月にもわたってポジションの調整が行われると考えられるそうですのよ。

その観点で2015年をみると、中国株の変調が始まった6月から9月までの4ヶ月間すべて日本株は売り越しとなっていますのよ。中でも9月の3兆円の売り越しは、2007年から2009年初めの期間の月間最大売り越し金額となった2009年3月の約1.6倍もの大きな売り越し額だったのですわ。

このことから、「長期資金の日本株売却が始まったのであれば、さらに長期間続く可能性がある」ことに加え、「従来よりも短期間に大量の売買を実行するようになった可能性がある」ということがいえそう、とSBI証券では結論づけていますわ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

売上高営業利益率とは何なのじゃ?(ファンダメンタル1)

株式投資をする際、トレーダーの多くが株価のチャートを見ると思うのじゃ。 チャートを見て取引するのは非常に重要で、売買のタイミングを計るのには必要なことなのじゃぞ!チャートからトレードの判断をすることを …

第十九回:買いのベストタイミングとは?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。そして不 …

【空売りの魅力を知るのじゃ!】

わらわは、ずっと株の買い取引を行っておったのじゃ。わらわのように、「株は買うもの」と考えているトレーダーは多いのではないじゃろうか?そして、漠然と「株を買うと、いずれは上がる」と考えておるのではないじ …

時計がよく売れているのじゃ

そういえば中国からの観光客は腕時計などもよく買っておるようじゃの。ロレックスやオメガなど海外ブランド品がよく売れるのが少し不思議じゃが、中国では輸入ブランド品に対する関税が高いため、日本で買ったほうが …

携帯電話会社に懸念が見えるのじゃ

 携帯電話はいまやほとんどの人が持っておるのう。まさかお年寄りにまでこうも広がるとは昔は思いもしなかったのじゃ。そんな携帯電話会社じゃが、今後の業績に不安も見られておるのじゃ。  安倍首相が携帯料金の …

トップへ戻る