stock station

SBI証券が上昇が期待できそうなマザーズ銘柄を紹介していますわ!


SBI証券では、上昇が期待できそうなマザーズ銘柄について紹介していますのよ。
下落が続いていたマザーズ指数が、ようやく底打ちした、とSBI証券では分析していますわ。その背景には、マザーズ指数を算出する上で重要な要素を占める、ミクシィ(2121)がようやく底打ちしてきたから、ということなのですわ。

ミクシィの日足チャートですわ!

ここから分かるとおり、6/24の高値6,670円から、9/14の安値3,615円まで約45.8%の大幅下落となっていましたわ。これが東証マザーズの下げにつながっったのですわ。なお、足元は25日移動平均線も突破して、リバウンド相場に入ったのですわ。
これはミクシィの投資指標なのですわ。

ここからわかるように、極端に売り込まれたのでかなり指標面からは割安な水準に入っていたのですわ。それが反発の要因となったようですわ。

東証マザーズ市場は、基本的には個人投資家の比率が高いマーケットなのですわ。東証マザーズ銘柄に投資する投資家の幅が限られているために、上昇・下落との一方通行的になり、トレンドの出やすい市場であるのが特徴なのですわ。

しかし、ようやく下落相場が終わりリバウンド相場に入ったと考えられるので、目先の上値目標としては、下のチャートの赤丸で示した大きな窓埋め水準である880ポイントをSBI証券では想定しているそうですわ。そして、その水準までの戻りは早いと考えられるそうですのよ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

円安がもたらす株への影響とは!?

加速する円安 今、日本の為替市場は円安になっておる。 例えば1ドルが150円から100円になった場合…「円高・ドル安」になると輸入時に安く品物を仕入れられる。 15,000円で買えたものが10,000 …

郵政グループが上場!東京株式市場の今後に注目ですわ!

昨日、注目されていた日本郵政(6178)、かんぽ生命保険(7181)、ゆうちょ銀行(7182)の郵政関連3社が上場しましたわ。そのことについて、SBI証券では、「【マーケット・フラッシュ】郵政上場と東 …

キリンがミャンマーに進出なのじゃ!

キリンホールディングス(2503)がミャンマーのビール会社で最大手であるミャンマー・ブルワリーを買収したのじゃ。費用はおよそ697億円なのじゃ。  日本国内ではビールの販売量が減少傾向にあり、キリンの …

一国一通貨とユーロ(ギリシャ問題とユーロその9)

EUは、経済力も財務健全性もそれぞれ異なる国が集まって成り立っているにも関わらず、共通通貨のユーロを使っていることで、無理が生じているのですわ。 例えば一国1通貨であれば、今回のギリシャのように大きな …

日本の金融政策をチェックするのですわ。

SBI証券では、『日経平均への影響は?日米欧の金融政策を再確認』という記事を掲載しているのですわ。 前回は米国と欧州の金融政策について見てみたのですわ。 今回は日本の金融政策について見てみるのですわ。 …

トップへ戻る