stock station

自然災害に注意なのじゃ


 先週末に茨城・宮城で洪水が起こり、多くの人が被害にあったと思えば週が明けて月曜日、今度は阿蘇山が噴火したとの報道で、今年の9月は気が抜けない月となったのじゃ。亡くなった方には心よりお悔やみ申し上げるのじゃ。

 そんな中、洪水にあった宮城県に援助する企業の株価が上昇しているのじゃ。ローソン(2651)は11日午後に宮城県にカップ麺二千個と飲料水を届け、セブン&アイ・ホールディングス(3382)も茨城県の被災翌日の早朝、おにぎり六千個を届けたのじゃ。その後もおにぎり一万個や肌着、毛布などを無償で配る計画となっておるのじゃ。ファミリーマート(8028)やイオン(8267)、アピタを経営するユニーグループ・ホールディングス(8270)なども支援物資や人手を送ったのじゃ。またそれぞれの店舗の復旧に向けて各企業が応援要員を送るなどしておるのじゃ。

 また、今後の需要を見込んで防災関連株が上がる兆しを見せておるのじゃ。防災機器の大手である能見防災(6744)や防塵マスク製造の大手の興研(7963)、産業用マスクを作る重松製作所(7980)などが買われておるようじゃ。また、地盤改良工事を手掛ける不動テトラ(1813)や地質調査などを行う応用地質(9755)も買われており、災害復興に向けた需要に期待がもたれておるようじゃな。

 今後は少し落ち着いたころに洪水の後始末として個人単位でも復興に向けて清掃用品などが必要になると思われるので、宮城県や茨城県にホームセンターのホーマックを置くDCMホールディングス(3050)などは需要が伸びそうな商品の品ぞろえを拡充しており、これから売り上げが伸びると思われるのじゃ。家電製品なども安価なジェネリック家電を中心に扱っておるので、一緒に買われる場合も多いと考えられるしの。これからの動きを予測し、考えられる需要に応じた銘柄をチェックしていかねばならんのう。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

携帯電話株が見直されつつあるのじゃ

 携帯電話の利用料値下げについて首相が指示を出したと言われ、収益悪化を懸念して株価が下落したのが先週の話じゃったか。今回は同じく大手3社が見直され、買い注文が増えて株価が続伸する事態になっておるのじゃ …

猛暑の恩恵を受ける業界に注目じゃ!

猛暑が続いておるのじゃ。特に気温が35度を超える猛暑日が全国各地で続く時期は夏物衣料やビール、飲料などの売れ行きが好調となり、小売りや食品、ドラッグストアといった関連銘柄に注目が集まるのじゃ。 これら …

【アベノミクスによる世界株高FRBの金融政策にどう影響するのか?】

連邦準備制度理事会(FRB)は表向きには「外国の経済や金融市場のことを心配するのはFRBの仕事じゃない」という立場を堅持しておる。しかし、それではFRBが外国経済や海外のマーケットで起きていることを全 …

株?先物?FX?なぜ株を推奨するのか

そもそも なぜ先物でもなくFXでもなく株をわらわが娘たちに勧めたか。 株は資本金(余裕資金)が多く必要なのだけども 他の2つと比べると難易度としては1番簡単だということだからじゃ。 それに株は株主総会 …

最高益更新銘柄を探るのですわ。

SBI証券では、最高益更新銘柄について取り上げているのですわ。 日経平均株価が12/1に2万円の大台を回復してから一進一退ですわ。 それでも2万円台が見えてきたことは、中国株が落ち着いてきたことや、米 …

トップへ戻る