stock station

外食産業が盛り返してきたのじゃ


 東日本大震災以降、外食産業が下火となってからじわじわと回復しておったのじゃが、近頃はかなりの盛り上がりを見せているのじゃ。

 サイゼリヤ(7581)は中国などアジアの支店の収益が伸びるほか、国内においても値上げを最小限に抑えて低価格のメニューを維持し、不採算店舗を閉鎖する一方で無理な新規出店を控えることでコスト削減や増収に努め、営業利益を大きく伸ばしたのじゃ。すかいらーく(3197)は消費税増税による値上げで苦戦していたものの、徐々に値上げが浸透し、期間限定の単価を高めにしたメニューが好調だったこともあり業績が回復してきたのじゃ。最近はソフトバンクとの提携でTポイントのサービスも始まり、どのように受け入れられるかも注目じゃな。ロイヤルホールディングス(8179)はロイヤルホストやリッチモンドホテルがインバウンド効果で好調となり、機内食事業なども順調なことで連結営業利益が増加しているのじゃ。ロイヤルホストは他社が価格を抑えるのに一生懸命なところを、あえて高価格化して高級志向としたことも好調の一因となったようじゃな。

 外食産業といえば、居酒屋の和民を経営するワタミ(7522)が、介護事業を売却すると発表したのじゃ。ワタミの介護事業は有料老人ホームやデイサービスが中心で、売却先は現在損保ジャパン日本興亜ホールディングス(8630)かパナソニック(6752)が有力視されておるのじゃ。介護事業を売却することで本業である居酒屋の経営を立て直し、赤字を抑えて経営基盤の強化を図ろうとしておるのじゃろうな。

 外食産業は客数が少なく、客単価が高くなっている傾向があるのじゃ。今後は店に足を運んでもらえるよう、魅力的な商品を提供するか何らかのキャンペーンを行い、リピーターをつかんでいくのが生き残りの手段かも知れないのう。海外に市場を求めるという手もあるのじゃが、各社の動向に注目なのじゃ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

第十八回:PBRとPERが低ければ株価は上がるでござるか?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。何か質問 …

SBI証券のレポートで、海外投資家の動向を探るのですわ!

SBI証券では、海外投資家の日本株売りが続くのか?というテーマのレポートを掲載していますわ! 前回紹介したとおり、海外投資家の傾向として、日本株を含めた世界各国への株式への投資割合を変更したりすると、 …

SBI証券が上昇が期待できそうなマザーズ銘柄を紹介していますわ!

SBI証券では、上昇が期待できそうなマザーズ銘柄について紹介していますのよ。 下落が続いていたマザーズ指数が、ようやく底打ちした、とSBI証券では分析していますわ。その背景には、マザーズ指数を算出する …

東和フードの株主優待が注目されたのじゃ

 18日の日本経済新聞朝刊で東和フードの株主優待について報じたところ、東和フードの株価が大幅に続伸し始めたのじゃ。  東和フードではいままで株主優待100株以上200株未満の場合は年間3500円の食事 …

PERの使い方を今一度学ぶのですわ!

今回SBI証券では、米国株であるインテルのPERを例にPERのチェック方法を紹介していますわ。 インテルの株価が割安かどうかをPERを見て判断するのですが、その際にS&P500指数のPERとの比較をす …

トップへ戻る