stock station

電機メーカーの先行きに不安があるのじゃ


 電機メーカーの業績は明暗が分かれ、事業再編がうまくいった企業はおおよそ増益となっておるのじゃ。

 東芝(6502)が不適切会計で紙面をにぎわせていたのは記憶に新しいのじゃが、現在はその調査の影響もあり決算報告書と有価証券報告書の提出が遅れておるのじゃ。9月7日に提出できなかった場合、監理銘柄となる可能性もあるのじゃ。監理銘柄となった企業には上場廃止となる場合も多いため、気をつけねばならんのじゃ。また、株価の下落で損害を被った株主の救済のため、弁護団が結成され損害賠償を求める訴訟を起こす可能性もあるため、そちらの面でも注意が必要となるのじゃ。

ソニー(6758)はスマートフォン向けの画像センサーやプレイステーション4を中心としたゲームが好調で、無事黒字となっておるのじゃ。今後も赤字事業を終了させつつ、成長分野に力を注いでいく方針となるようじゃな。パナソニック(6752)は自動車関連が増益となり、家電や住宅関連の損益などをフォローしたのじゃ。給湯器のリコール費用も減少し、工場の閉鎖などによる生産ラインの効率化で営業外損失が減ったため純利益は増加したのじゃ。今後は高齢者に配慮した機器やスマートフォン連動家電、カーナビ用の部品などに力を注ぎ、白物家電を中心とした事業展開を目標とするようじゃな。

日立製作所(6501)は中国関連の事業で景気減速の影響を受けたものの、アメリカにおける自動車用部品が伸びたため増益となったのじゃ。今後は発電機や保守システム、ロボットなどに力を注いでいくとのことじゃな。シャープ(6753)はリストラや本社ビル売却などを進め、立て直しはこれからとなるのじゃ。現在は赤字となっているのじゃが、これからの構造改革、技術提携などの成果が出てくるころが本当のスタートとなるじゃろうな。

 どのメーカーもこれまで通りでは時代に取り残されると様々な変化が生じておるが、これから淘汰されていくこととなるのじゃ。その結果が出たとき、株価は大きく変わると思われるのじゃ。生き残るメーカーをよく見極めねばならんな。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

第三回:じゃあ株式への資金投入はどうするのが良いでござるか?

前回の復習からでござる。 「投機」とはゼロサムゲームのことを指し 勝つ人と負ける人が必ず存在することを説明したでござる。 一方、「投資」とは非ゼロサムゲームのことを指し 全員が勝てる可能性があることを …

【デイトレはどんなものじゃ?】

前回書いたとおり、デイトレは1日の中で株式を売買して利益を狙う投資法なのじゃ。 デイトレードということで、1日かけて株取引を行うのかと思うかもしれないが、1分の間に売買することもあるのじゃ。1分、5分 …

SBI証券の、曜日アノマリーに注目ですわ!

SBI証券では「日本株の曜日効果を検証する!」というレポートを掲載していますわ。 前回書いたとおり、日本株には月曜日に安くなる、というアノマリーがあるのですわ。 月曜日の騰落率が統計的にマイナスになり …

【デイトレを行う上でまずは順張りをやってみるのじゃ!】

投資経験を積み、これからデイトレを行おう、という段階になった時、どういうタイミングで取引をするのか、ということが重要になってくるのじゃ。 特にデイトレは、一見簡単そうに見えて奥深く、初心者が『なんとな …

今後の日経平均の方向感を占うのですわ!

SBI証券では、「225の『ココがPOINT!』」で、今後の日経平均の方向感について取り上げていますわ。 前回紹介したとおり、米国経済の好調や中国の株式市場の混乱がいったん収束していることを受けて、日 …

トップへ戻る