stock station

お酒の税金が変わるのじゃ


 スーパーに行くとビール売り場が減り、発泡酒や第三のビールといった安価な酒が売り場の大半を占めておるのう。値段としては倍以上違う場合も多いのじゃ。しかし今回、財務省はビールの税金を下げ、発泡酒や第三のビールは増税とする予定なのじゃ。また、ビール系の分類の基準も変更するとのことじゃ。現在は350ml缶でビールが77円、発泡酒が47円、第三のビールが28円なのじゃが、今後はビール類は55円を目安に一律とする考えなのじゃ。具体的には来年からの予定なのじゃが、今後の調整次第なのじゃ。

 ビール会社大手では、アサヒホールディングス(2502)は全体の売上高を伸ばしているもののビール類の販売数量は減少しており、ウイスキーやワイン、ノンアルコールビールの売り上げが大幅に伸びたのじゃ。サッポロホールディングス(2501)は第三のビールも含めたビール類は不振なものの高級ビールブランドのエビスビールが夏場に売り上げを伸ばし、ワイン部門の強化も行っておるのじゃ。キリンホールディングス(2503)は国内のビール類の販売量がわずかに増加しており、フィリピンやブラジルでのビール販売も拡大しておるのじゃ。先日はミャンマーの最大手ビール会社を買収し、アジア圏の販路をますます確固たるものとしておるのじゃ。

こうした各社の現状からビールは今後減少傾向となり発泡酒や第三のビールが伸びると思われており、実際ビール類も第三のビールを中心として新商品の開発が活発となっておるのじゃが、税金の変化によりこのバランスが変更となると思われるのじゃ。

 今回の税金の変更が各社の販売にどのような影響を及ぼすか、うまく売り上げを伸ばしていけるかはまだわからぬが、これに対応した新商品などそれぞれ考えていくと思われるのじゃ。売り上げを伸ばし、株価が上がっていくメーカーは果たしてどこになるのか、今から情報収集は怠ることができないのじゃ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

人気車種に注目なのじゃ

 最近、街中を走っている車でよく同じ車種を見る気がするのう。ここ数年は燃費や税金の関係で、軽自動車が新車の4割近くを占めているそうじゃ。軽自動車といえばスズキ(7269)やダイハツ(7262)が有名じ …

海運業が不調なのじゃ

 海運業が値下がり傾向となり、海運業大手の日本郵船(9101)や商船三井(9104)は9月2日に年初来安値となったのじゃ。また、同じく大手の川崎汽船(9107)も値下がりが続いておるのじゃ。  海運は …

【3万円以内で買える銘柄をチェックしてみるのじゃ!】

アベノミクス&日銀の追加金融緩和で活況となっている株式市場。株価は上昇し、NISA制度が利用できることからも、株式投資を始めやすい環境が整ってきておるぞ。 株価上昇の波に乗りたいものの、初期投資金額に …

製薬会社の売り上げが好調なのじゃ

2015年4月~6月期の連結決算において、参天製薬の純利益が86%増の75億円となったのじゃ。網膜疾患治療薬などの販売が国内で好調だったのに加え、前期に米メルクから買収した眼科向け医薬品の収益が上乗せ …

【アベノミクスの金融政策を確認してみるのじゃ!】

これまでアベノミクスの効果について色々と見てみたのじゃが、その中でも一番の要となっているのが、金融政策なのじゃぞ。 安倍首相も言っていたとおり、デフレからの脱却がまず第一の目的なのじゃ。 このデフレか …

トップへ戻る