stock station

ヤフーとアスクルが連結したのじゃ


8月27日、ヤフー(4689)がアスクル(2678)を連結子会社化すると発表したのじゃ。それにより、2016年3月期連結決算では利益596億円が計上されるとみられるのじゃ。それに伴い28日の株価はヤフー、アスクル共に値上がりとなったのじゃ。

 ヤフーは今期の業績見通しを公表していないものの、今回の連結子会社化に加えスマートフォン向けの広告などの既存事業が好調であることから、前期の連結営業利益である1972億円を大きく上回る予想なのじゃ。

 今年は提携も多いが子会社化も多く、牛角などの飲食店を展開するアスラポート・ダイニング(3069)が茨城乳業を子会社化したり、三菱ケミカルホールディングス(4188)が大陽日酸(4091)を子会社化したりしてそれぞれ増益しているのじゃ。連結子会社化する狙いとしては利益の増大化や経営の安定化などがあるのじゃが、昨今の市況に対する不安感を少しでも和らげるためとも思えるのじゃ。ただし、子会社化した企業からは自由度が失われ、商品開発などの独自性を失い画一的になってしまう可能性も考えられるのじゃ。とはいえ、子会社化は投資家に与える安心感は強いので株価は一時的にせよ上がりやすくなるのじゃ。

 また、今回のヤフーはもともと持ち分法適用会社だったのじゃが、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)がKRフードサービスの株式を取得し連結子会社化したように、買収と同時に行う場合もあるのじゃ。こういった場合はおおよそ買収が好材料とみられる場合が多く、株価がより上がりやすい傾向にあるのじゃ。

 世界的な株式市場の下落は若干落ち着きを見せ、国内の株式も回復傾向に転じてきたのじゃがまだまだ予断を許さないのじゃ。これまで下落した株価が元の水準に戻るまではいくらかの時間が必要じゃろうが、それまでの間は各企業が様々な手段で投資家の興味をひいて欲しいのじゃ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

第十九回:買いのベストタイミングとは?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。そして不 …

建設機械株に注意なのじゃ

 時折工事現場の前を通り過ぎると、用途によって様々な建設機械が働いておるのう。それだけ機械を用いた工法の幅が広がったということじゃろうな。  そんな建設機械の大手、小松製作所(6301)の株価が9月1 …

第二回:ゼロサムゲームって何でござるか?

皆さんお待ち申しておりました。 第二回の今回は「投機」と「投資」についてもう少し詳しく説明するでござる。 前回短期間の株式売買を行うものを「投機」と呼ぶと説明したでござる。 しかし別の切り口で説明する …

東芝株が上昇傾向じゃ

不適切会計問題が明らかになってから下落基調が続いておった東芝株は、7月16日には一時、今年最安値の361円20銭まで下落しておったのじゃ。 しかし、21日に現在の社長、副会長、相談役の歴代の3社長が辞 …

日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探るのですわ!

SBI証券では「日経平均株価「20,000円~21,000円」の局面で取るべき戦略を探る!」というタイトルで、レポートを掲載しているのですわ! 日経平均株価は9/29の16,901円を当面のボトムとし …

トップへ戻る