stock station

コンビニの医薬品販売に変化なのじゃ


大手コンビニエンスストアのファミリーマート(8028)が、ファーマライズホールディングス(2796)とヒグチ産業の2社と合弁会社を設立すると発表したのじゃ。

 ファミリーマートはこれまでもソフトバンク(9984)と提携し、ソフトバンク契約者はTポイント3倍にしたり、コンビニエンスストアと携帯販売店を合わせた店舗を展開すると発表したり、また地方銀行の通帳の再発行などができる窓口を設置するなど他のコンビニと違う独自のサービスを展開してきたのじゃ。

 今回合弁会社を設立するファーマライズホールディングスとヒグチ産業は共にドラッグストアや調剤薬局を経営する会社で、新会社の目的はドラッグストアとコンビニの一体型店舗の導入の加速なのじゃ。
店舗で医薬品を取り扱うには薬剤師や登録販売者の資格を持つ店員が必要で、全シフトにいなければならないためコンビニエンスストアで医薬品を取り扱うのは難しいのじゃ。そのためこれまでファミリーマートではヒグチ産業との提携でドラッグストアと併設した店舗を展開したりしたものの、資格をもつ店員の不足などで店舗数は思ったように増えていないのじゃ。また、他の大手コンビニエンスストアでも様々な試みを行っており、ローソン(2651)ではツルハホールディングス(3391)と提携し、ドラッグストアとコンビニの一体型店舗を展開する計画を発表し、セブンイレブン[セブン&アイ・ホールディングス](3382)でも都内で医薬品販売の実験を進めているのじゃ。

 これまで登録販売者の資格を受験するには医薬品の販売現場で1年間の実務経験が必要だったのじゃが、2015年からは撤廃され、代わりに資格取得後に2年間の実務経験を得るまでは仮の登録販売者となり、それまでは資格取得者とは認められない、と変更になったのじゃ。そのため、通常のコンビニエンスストアで働いているだけではいつまでも仮が取れないということになったのじゃ。

 今回のような新会社が展開する店舗では実務経験を得ながらコンビニ店員として働くことも可能じゃろうから、今後登録販売者資格をもったコンビニ店員が順調に増えればさまざまな形でコンビニエンスストアで医薬品を取り扱うことが増えると思われるのじゃ。そうなると時間に関わらず薬を買えるようになりますます便利になるじゃろうな。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

郵政グループ3社に続く注目の銘柄を探るのですわ!

SBI証券では、今回の郵政グループ3社上場に続く、注目の銘柄を紹介していますわ。 約1兆円の郵政グループ3社の売出株を購入した個人投資家はたくさんいたのですわ。今回の郵政グループ3社上場で特徴的だった …

【アベノミクスと東南アジア】

アベノミクスが与える影響について色々な角度から見てきておるのじゃが、今回は、東南アジア諸国にとってどうなのかということを見てみるのでござる。 昨年12月17日に日経新聞が報じたところによれば、野村証券 …

第十八回:PBRとPERが低ければ株価は上がるでござるか?

「前回までで割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」「PBR=株価÷1株あたり株主資本(BPS) 」を紹介したでござる。でもいずれの指標も万能でないことも説明したでござる。何か質問 …

日銀が買いを増やす銘柄について、指数ごとのETF時価総額を見てみるのですわ!

12/18(金)の金融政策決定会合で、日銀は大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETFを年間およそ3,000億円買い入れる新たな枠の設置を決めたのですわ。 …

【アベノミクスが日本企業の国内回帰をもたらしたのじゃ。】

アベノミクスについては、効果が出てくるのは3年後であると当初から言われていたものの、株高や円安といった分かりやすい効果がすぐに出たこともあり、その他の効果については、分かりやすい結果がすぐに出てこない …

トップへ戻る