stock station

製薬会社の売り上げが好調なのじゃ


2015年4月~6月期の連結決算において、参天製薬の純利益が86%増の75億円となったのじゃ。網膜疾患治療薬などの販売が国内で好調だったのに加え、前期に米メルクから買収した眼科向け医薬品の収益が上乗せとなったためじゃ。また、売上高は42%増の479億円だったのじゃ。薬価改訂や消費税増の影響が薄れたためと思われるのじゃ。

小野薬品工業も純利益が大幅に増え、前年同期に比べて3.3倍の94億円となったのじゃ。世界に先駆けて販売を始めた癌免疫治療薬の販売が伸び、退職給付制度の改定に伴って一時的に人件費が減少したことも利益を押し上げる要因となったのじゃ。売上高は12%増の356億円だったのじゃ。癌免疫治療薬に加え、糖尿病治療薬や骨粗しょう症治療薬の売り上げが好調だったためじゃ。研究開発費が減少したことも寄与し、営業利益は4.2倍の116億円となったそうじゃ。国内の新薬販売は上向いており、今後の癌免疫治療薬の適用拡大に伴って今後も伸びる可能性が高いと思われるのじゃ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

お酒の税金が変わるのじゃ

 スーパーに行くとビール売り場が減り、発泡酒や第三のビールといった安価な酒が売り場の大半を占めておるのう。値段としては倍以上違う場合も多いのじゃ。しかし今回、財務省はビールの税金を下げ、発泡酒や第三の …

【下げ相場を攻略するのじゃ!】

株価が上がれば、自分の持っている株の含み益が増えるので、株価が上がって欲しいと考えるトレーダーは多いのではないじゃろうか? そのため、多くのトレーダーが、上げ相場を歓迎し、下げ相場を敬遠しているのでは …

コンビニの医薬品販売に変化なのじゃ

大手コンビニエンスストアのファミリーマート(8028)が、ファーマライズホールディングス(2796)とヒグチ産業の2社と合弁会社を設立すると発表したのじゃ。  ファミリーマートはこれまでもソフトバンク …

第十五回:纏めでござる

「これまでの回①銘柄の分散(パッシブタイプの投資信託やETFの利用)、②投資国の分散、③商品の分散、④時間の分散を教えたでござる。特に前回はドルコスト平均法について触れて負けにくい「投資」について説明 …

第二十三回:トヨタ株でIR財務資料で貸借対照表を確認するでござる

「前回はトヨタのIR資料を参考にしてCF計算書(P13)を説明したでござる。」 「営業活動によるCFの総計:+, 投資活動によるCF総計:-ね。」 「左様でござる。今回は貸借対照表(P7-8)について …

トップへ戻る