stock station

株式市場に見られる2つの傾向なのじゃ!


株式市場において、2つの傾向がみられるのじゃ。

国内での需要が多い株には年初来の高値更新がみられるのに対し、中国との取引が多い企業は伸び悩みを見せておるのじゃ。内需株としてはKDDIや明治ホールディングス、日本ハムやキリンホールディングスが年初来高値を更新しており、精密機械を扱うHOYAや化学の日本ゼオンも業績が好調なことを受け、株価を伸ばしておるのじゃ。

 それに対して失速懸念の強かった中国景気の影響を受け、ファナックはスマートフォンの金属ケース加工用小型機械の受注が落ち込み、株価が急落したのでこれまで株主配分の強化への期待で買われた上昇分が無くなり、2月初旬の水準まで押し戻されてしまったのじゃ。神戸製鋼所も同様に中国景気の失速により建設機械が伸び悩み、業績の重荷となる予想なのじゃ。

 これまでは市場で過度の業績上振れ期待がもたれていたのじゃが、現在のところはあまり元々の予想からの上方修正は期待できないのじゃ。
 これからは投資家が株主配分に惑わされず、シビアに業績を見定めていくと思われるの
じゃ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

行動心理学から見る女性にピッタリの投資法とは?!

みなさま、ごきげんよう! 株セレブでございます。 ビジネス誌の「月刊ビッグ・トゥモロウ」より 取材の依頼がございまして、自宅サロンでお話しいたしましたの。 記事の内容は 男性と女性の投資について 行動 …

【アメリカから見たら日本株市場】

アメリカの投資家は海の向こうの日本で起きていることをどう見ているのか? という点について、今回は論じたいと思うのじゃ。 アメリカの投資家が投資信託に組み込んでいる株式の比率は44%程度じゃ。後はマネー …

読書の秋。株の勉強には持ってこいの季節になったのじゃ。

秋と言えば… 食欲の秋!!女子会が一層楽しくなる季節じゃの☆ だが、ここでは読書の秋じゃ。 秋は株やお金について本を読んで株に勝つのじゃ!! まずはネットマネー10月号 (P.130)今月のグッドなマ …

【下降トレンドでも勝てる方法とは?】

株取引で利益を得る方法は、安く買って高く売るのが基本。 それは誰もが知っていることで、多くのトレーダーがこれを実践して毎日相場に挑んでいるはずじゃ。 わらわも安く買って高く売って利益を出そうと、日々ト …

SBI証券が上昇が期待できそうなマザーズ銘柄を紹介していますわ!

SBI証券では、上昇が期待できそうなマザーズ銘柄について紹介していますのよ。 下落が続いていたマザーズ指数が、ようやく底打ちした、とSBI証券では分析していますわ。その背景には、マザーズ指数を算出する …

トップへ戻る