stock station

高性能部品のメーカーに注目なのじゃ!


7月22日の日本経済新聞朝刊によると、2015年4月~6月期の国内電子部品メーカーの大手である村田製作所、TDK、京セラ、日本電産、日東電工、アルプスの6社の合計受注総額が1兆3200億円と、前年比17%増となったのじゃ。

特に通信サービスの高度化や端末の小型化に対応した高機能部品を中心に好調となっておるのじゃ。4四半期連続で2ケタ増となり、過去2番目の高水準となったそうじゃ。

今後はスマホの高機能化が進む中、複合部品で強みがある村田製作所や、アップルからの受注が増えて業績の底上げが期待できる日本電産などの企業はこれからも伸びが期待できそうじゃが、スマホ市場に落ち着きが見られるため、スマホ向け事業以外の分野での競争力が特に重要となってくるようなのじゃ。

アルプスや日本電産は自動車電装品に強みがあるので、今後の受注拡大が期待されておりスマホ需要の減速の影響を補ってくれそうなのじゃ。また、日東電工はスマートフォン向けの液晶用偏光板のほかに大型テレビ向けもあり、工業用テープも日欧の自動車メーカーに需要があるため業績は底堅く推移する可能性があるのじゃ。

今伸びている分野だけではなく、こうした複数分野での需要も注目が必要じゃな。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

【デイトレを行う上でまずは順張りをやってみるのじゃ!】

投資経験を積み、これからデイトレを行おう、という段階になった時、どういうタイミングで取引をするのか、ということが重要になってくるのじゃ。 特にデイトレは、一見簡単そうに見えて奥深く、初心者が『なんとな …

一国一通貨とユーロ(ギリシャ問題とユーロその9)

EUは、経済力も財務健全性もそれぞれ異なる国が集まって成り立っているにも関わらず、共通通貨のユーロを使っていることで、無理が生じているのですわ。 例えば一国1通貨であれば、今回のギリシャのように大きな …

【現状、アベノミクスでどのような影響があったのじゃろうか?】

前回も書いたとおり、法人企業景気予測調査によれば、アベノミクスによって、企業の設備投資が大企業の優先順位のトップに来たそうなのじゃ。 企業の設備投資への意欲が増えることで、雇用にも影響が出てくるのじゃ …

年明けの日経平均は前向きな方向になりそうなのですわ。

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 波乱の様相となった日経平均ですが、年明けには空気が一変するかもしれない可能性を指摘しているのです …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄の続きなのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

トップへ戻る