stock station

ユーロの勝ち組(ギリシャ問題とユーロその10)


前回書いたとおり、EUでは加盟国内での差の是正ができず、ユーロを使用している地域での税収の再配分が行われることはありませんわ。というのも、同一通貨を使用しているとはいえ、国が違うために税収の再配分が行われることはないからですわ。このため、EUではドイツやオランダといった「勝ち組」の国と、いわゆるPIIGS等の「負け組」の国との二極化が進んでいますのよ。

例えばEUの勝ち組の先頭とも言えるドイツは、日本でも人気のあるベンツ、BMW等に代表される自動車産業をはじめ、鉄鋼・化学・機械などが盛んなのですわ。さらには化学・薬品大手のバイエル、電機大手のシーメンス、ルフトハンザドイツ航空、ドイツ銀行など、世界的に活動している大企業が数多くありますのよ。

このように付加価値の高い産業があるドイツは、通貨統合から10年間、ヨーロッパでも有数の高賃金の国でしたわ。これでは人件費が嵩んでしまう…ということで、ドイツの大企業はこぞってヨーロッパ内の新興国へ工場を移しましたのよ。その結果、ドイツ国内では失業率が増加し、賃金は抑制されましたわ。また、EU共通の金利水準は、物価上昇率の低かったドイツの実質金利を上昇させ、景気が冷え込みましたのよ。この状況の中でもなんとかやっていかないといけない、ということで、ドイツは国も企業も経営体質の改善に努めましたわ。その結果、ドイツ経済は無駄のない筋肉質な体質へと生まれ変わりましたのよ。また、先に書いたとおり、ドイツは世界的進出している企業が数多くありますわ。欧州債務危機が発生した際、ユーロが大暴落しても、ドイツ企業は多くが世界進出しているために、ユーロ安が幸いし輸出を伸ばすことができたのですわ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

SBI証券の食品株についてのレポートに注目ですわ!

SBI証券ではとても勉強になるレポートを多数掲載しているのですわ! 今回掲載しているのは、食品株についてのレポートですわ。 食品株はディフェンシブ株であると一般的に考えられていますわ。景気の先行きが悪 …

SBI証券のレポートで、戻り相場がどうなるのかを考えるのですわ!

SBI証券では、『戻り相場は続くのか?ここで一服するのか?』というテーマで、レポートを掲載しているのですわ! それによれば、日経平均株価は9/29を安値に上昇基調が続いていたのですわ。10/2~10/ …

デジタル製品の関税が撤廃されるのじゃ

世界貿易機関(WTO)情報技術提携の交渉会合で、今まで半導体やパソコンなど144品目の関税が78の加盟国・地域で撤廃されていたのじゃが、新たに新型半導体やデジタルビデオカメラなどのデジタル家電、磁気共 …

日経平均上昇で買いたい銘柄を考えるのですわ!

SBI証券では、再び上昇基調にある日経平均を踏まえ、どんな銘柄を買えば良いかを分析しているのですわ。 今回、(1)好決算・出遅れ企業、(2)年末にかけ配当取り妙味のある主力企業、(3)「郵政上場」で注 …

SBI証券の「マーケット・フラッシュ」に注目ですわ

SBI証券のマーケットフラッシュでは、今回の米国雇用統計についてのレポートを掲載していますわ! 先週金曜日(11/6)に発表された10月の米雇用統計で、代表的な指標である「非農業部門雇用者数」が前月比 …

トップへ戻る