stock station

ユーロはどんなものなのかしら?(ギリシャ問題とユーロその8)


ギリシャは財政を立て直そうにも、どん詰まりの状態にありますのよ。その原因は、統一通貨であるユーロにある、ということはすでに書いたとおりですわ。

例えば我が国にしろ、アメリカにしろ一国一通貨を採っていますわ。世界中のほとんどの国が一国一通貨制度を採用していますが、通貨発行権と通貨政策は一国の独立性を示すもので、大変重要な意味を持ちますのよ。政治経済だけでなく、その国の歴史・文化や民族的な意味、アイデンティティーをも端的に示すものであるとも言えますわ。

もともとEU発足にあたっては、第2次世界大戦後、2度とヨーロッパで戦争をしないよう、さらには経済力を高めてきたアメリカや日本に対抗をするためにという理由から設立された背景があるそうですわ。つまり、ヨーロッパ各国の結びつきをより深め、運命共同体に近づこうという理想を実現するための壮大な実験であると言えますのよ。その一環として、ヨーロッパ経済通貨同盟であるEMU(European Monetary Union)が実施されました。これにより、それまでの一国1通貨を廃止し、一地域1通貨となり、統一通貨としてユーロが誕生したのですわ。
この経緯を考えても、EUは一国の独立性や独自性を制限したものであり、ユーロという統一通貨も同様に、通常の通貨(つまり一国1通貨)の持つ独立性や独自性を取り払ったものであると言えますのよ。

グローバル化の壮大な実験とも言えるEUとユーロですが、欧州債務危機により、その問題点が明らかになったということは、すでに何度か触れている通りなのですわ。EUは、経済力も財務健全性もそれぞれ異なる国が集まって成り立っているにも関わらず、共通通貨のユーロを使うことにしたために、どうしても無理が生じてしまうのですわ。一国一通貨であればできる適切な金融政策や市場浄化作用を機能させることが出来ないのですわ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

日経平均の上昇で注目の銘柄をチェックするのですわ!

SBI証券では、再び上昇基調にある日経平均を踏まえ、どんな銘柄を買えば良いかを分析しているのですわ。 今回、(1)好決算・出遅れ企業、(2)年末にかけ配当取り妙味のある主力企業、(3)「郵政上場」で注 …

【量的緩和でどうなったのじゃ?】

前回書いたとおり、金融緩和によってお金の流通量が増え、実質金利が低下し、それにより円安ドル高、株高がとなったのじゃ。株や為替といった資産市場が実質金利の変化に対し、最も敏感に反応するのじゃぞ。 安倍政 …

鉄鋼業が不調なのじゃ

 鉄鋼製品は産業には欠かせず、家電や自動車、道路に橋と多くのものに使われておる。そんな鉄鋼業じゃが、最近はアジア諸国での鉄鋼生産が急成長したことや円高により製造業の拠点が海外に移動したことで生産量が伸 …

【板ってどう見るのじゃ?】

株の取引で欠かせない板情報。 これが板なのじゃ。 この板を見ると、174,000円の買い注文が12株あることが分かるぞ。この12という数じゃが、これは12人の人が174,000円で買いたいと言っている …

株姫、トリドールに目を付ける!の巻

~前回までのあらすじ~ バンナムが思わぬバブリーに恵まれ、日経平均が下がっても根強い上げを見せた先週。 株姫は寝坊して上げの時に買えずジマイでしたとさ。 株って余裕っしょ~♪(買ってないケド) まった …

トップへ戻る